こんにちは!!センター南です!!

ゴールデン・ウィークは、いかがでしたか?

センター南院は、たくさんの患者さんに来て頂き、様々な症状の方がいらしたのですが、

とりわけ、多かった症状が、「ぎっくり腰」です。

特に今回のゴールデン・ウィークは、温度差の変化が激しかった事が、その原因と考えられます。

よく言われるのが寒い時になるぎっくり腰ですが、実は寒い時期というのだけでなく、

もう少し詳しく表現するならば、季節の変わり目!という事が言えます。

人間の体は寒くなればその寒さに慣れてきますし、暑くても同じなんです。

しかし、気温差が激しいと、体は付いてくるのに必死な状態が続きます。

この時に体の血流が激しく変化し、筋肉が固くなる傾向があり、

ぎっくり腰や腰痛に繋がってしまうというのが、季節からくると言われている由縁なんです。

ただ寒いという事だけではなく、季節の変わり目という事がだたしい結論です。

ですから季節というよりも、夏など冷房が効いている所から外に出てりしている事を

繰り返すと、ぎっくり腰に繋がりやすいです。

という事で、季節が関係しているというよりも、温度差に体はすごく弱く、

生活環境から腰に負担がかかる事が多い仕事などをしている人は、

このような時期にやられてしまいます。

傾向としては9月から11月にかけてが一番起きやすいと言われています。

要するに熱い時から寒くなるという切り替えの時ですね。

逆に3月から5月にかけても起きやすい傾向があります。

これは、寒い時から暖かくなるにつれて、心理的に行動範囲や体の可動域が広がります。

暖かくなりますから人はうれしくなりますからね。

しかし、この時に今まで体をあまり動かしていない事から、使っていない筋肉があり、

それを急に動かす事で、無理が生じてぎっくり腰や腰痛に繋がってしまう!!

という事が言えるんですね。

という事で、季節によるぎっくり腰というよりも、温度差に体が付いてきていないという事と、

体を急に動かしてしまうという事が、腰痛の要素につながるという事でした。

 

 

センター南

 

むちうち等の交通事故治療お任せください!

スポーツによる怪我やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療のことは「まごころ」にご相談下さい。
まごころ鍼灸整骨院の交通事故治療専用ページはこちら

 

励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

港北区の小机院では、LINE@やってます。
友だち追加