こんにちは!!センター南院です。

今日は、冬至です!一番冷え込む時期でもありますが、そんは日にゆず湯に

入るのもうれしいですよね!!

でも、なんでお風呂って疲労回復するの?って思った事は、ありませんか?

面倒な時は、「シャワーだけでいいや」って済ましてしまいがちですが、

何故、入浴が、疲労回復、更には、身体が活性化して行くのかと言いますと…

HSP70(ヒート・ショック・プロテイン70)っと言う、タンパク質が誘発させるからです!!

お風呂に入るとお湯から熱というストレスを受け、身体は体温を上昇させます。

このストレスをに対する防御タンパクとしてHSP70が誘発されるのです。

HSP70は身体中の痛んだ細胞を包括的に修復し、また深刻な損傷がある細胞は、

静かに殺してくれるタンパク質なのです。

ほかにも、様々な病原体の抗体になったり、乳酸の発生を遅らせたり、と言った

効果も期待出ます!!!

そのため、免疫力がアップし、疲れに強い身体になるのです!!

 

因みに何故、冬至にゆず湯に入るのかと調べますと…

柚子(ゆず)=「融通」がきく、冬至=「湯治」

こうした語呂合せから柚子湯に入ると思われていますが、もともとは運を呼びこむ前に厄払いするための

禊(みそぎ)だと考えられています。

昔は毎日入浴しませんから一陽来復のために身を清めるのも道理で、現代でも新年や大切な儀式に

際して入浴する風習があります。

冬が旬の柚子は香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えもありました。

端午の節句の菖蒲湯も同様です。

また、柚子は実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

もちろん、柚子湯には血行を促進して冷え性を緩和したり、体を温めて風邪を予防したり、

果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果があります。

さらに、芳香によるリラックス効果もありますから、元気に冬を越すためにも大いに役立ちます。

是非、冬に備えてしっかり、お風呂のに浸かりましょう!!!

 

ワンクリックお願いします! にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では柔道整復師、鍼灸師を募集しております。

詳しくはこちらまで。

リクルートサイト

むちうち等の交通事故治療お任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

 

励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

港北区の小机院では、LINE@やってます。
友だち追加