センター南院のじろです。

仙腸関節のストレッチ方法についてお話致します。

仙腸関節と言うのは、仙骨と腸骨のつなぎめの部分。
下の図は骨盤を背中側から見たものだけど、これで言うと、水色の四角の中の
「ハ」の字型のつなぎめが仙腸関節です。

仙腸関節は膝や肩と違ってほとんど動かない関節で過去には不動関節とも呼ばれていたこともあります。

だが!

しか~し!

実は!

ほんの少しですが、わずかに動きます!
正確にわずかに「ズレる」と言った方がピンと来るでしょう。

男性では1ミリ、女性では2~5ミリとか言われております。
しかしながら、このズレの柔軟性が落ちると腰痛の原因になる説が御座います。

そこでこの柔軟性を回復しましょうというのが仙腸関節ストレッチ。

ただ、仙腸関節ストレッチは一般のストレッチと違って筋肉を伸ばすものではない!

で、どうやるかというと、硬式テニスボール2つをガムテープなどでくっつけて硬い床に置き、

 

 

 

 

 

 

 

 

(こんな感じで)

その上に仰向けに寝るだけ。たった、これだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る時には、上の図の黄色の丸の当たりにテニスボールが当たるようにする。
背中から尻の当たりを手で触っていくと図の赤い丸3つが出っ張っているのがわかるはずだから、それを目安に仙腸関節を探りあてます。
ボールの上に寝たら1~3分脱力。最初は痛くて脱力できなかったけど、何回かやっているうちに脱力できるようになって来ました。
脱力すると、ボールを頂点にして、腸骨がじわ~っと広がりながら沈んで行く感じがしてイタ気持ちいい。
蝶のハネがゆっくり広がってく感じ。

だいたい1日に3回までに留める方が良いらしいです。
是非、お試しあれ。

 センター南院

励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

港北区の小机院では、LINE@やってます。
友だち追加