こんにちは。三ッ沢下町院です。
今回は操体法における原始感覚についてのお話です。

 

例えば背中が痒くなった(不快感覚)とします。

この時に掻く行為(快感覚)を要求するのが原始感覚であり気持ち良く掻くことが操体法です。

しかし

心や身体が歪んでいると痒みを認識出来なくなることがあり

その場合は何でも良いのですが感覚を取り戻す行為が必要となります。

例えば入浴などの快感覚で心と身体の歪みが調整されると

身体の不快感覚が感知され「背中が痒い!」と感じるようになり

気持ち良く掻くことで背中の痒みは治まり何ともなくなります。

日常に良くある当たり前のことです。

ただし

気持ちが良ければ何でもOKということではありません。

後で不快感覚になる妙な快感覚というのもあり

気持ちが良いからといって欲張って風呂に入り過ぎると後で不快感覚になります。

 

操体法における原始感覚の気持ち良さとは

何となく気持ちが良い!

どことなく心地が良い!

という位の快感覚が望ましいのです。

 

操体法を取り入れた原始感覚へ問いかける施術で

気持ち良く! 心地良く!

慢性的な肩こり、腰痛、関節痛などを改善しませんか?

お気軽にご来院、ご相談下さい。

励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。