こんにちは、あたぎです。

花粉症の時期になりました。

毎年この時期は鼻水じゅるじゅるです。

東洋医学的にいうとどういった状態なのか見てみましょう。

現代医学でいう花粉症というのは、アレルギー性鼻炎と呼ばれ、身体が花粉に対して過剰に反応し、粘膜などを刺激することによっておこる病態です。

東洋医学には花粉症というよりも、鼻淵(鼻炎)で一括りに考えます。

一般的に鼻淵は外感性のものと内傷性のものと分けられます。外感性のものはいわゆる風邪です。

今回は内傷性(体質)のものなのでそちらについてお話します。

内傷性の鼻淵の原因は4つあります。自分に見合うものをみつけて対策してみてください!

①肝胆の鬱熱(うつねつ)による鼻淵

普段から辛い物を偏食したり、飲酒の習慣のある人は湿熱が体内に籠りやすい傾向にあるようです。またストレスにより肝胆の機能が失調すると、それも湿熱がこもる要因になります。

その溜まった肝胆の鬱熱が脳を犯し、脳汁が漏れ鼻淵になります。

 

②脾経の湿熱による鼻淵

普段から甘い物や脂っこいものを偏食していると体内に湿熱がこもります。このタイプの湿熱は脾胃に影響がでるという特徴があります。東洋医学では脾胃は飲食物から得た気を全身に送る作用がありますが、その機能が低下し全身に正常な気が送られなくなり、鼻に通る経絡系に異常をきたし鼻淵が起こります。

 

③肺気虚による鼻淵

空気の乾燥や扇風機やクーラーの風などが原因で肺の気が弱くなると、身体を守る衛気という気の機能が低下します。すると外邪を受けやすくなり、感冒(風邪)にもかかりやすくなります。また、肺の気が不足すると治節機能も悪くなり、邪毒が停滞し、それが鼻に影響すると鼻淵が起こります。

 

④脾気虚による鼻淵

飲食の不摂生や過労、物事の考えすぎなどにより脾胃を損傷し、そのために気血の生成が不足し、良い気が頭の方にいかず鼻が気血の栄養を充分に受けられないと邪毒が停滞して鼻淵が起こります。

 

ただの鼻水でも、実は結構色々な原因があるんです。

自分がどのタイプかわからない人の為にちょっとだけ鑑別方法を教えます。

①の鼻淵は鼻水の他に頭痛、偏頭痛、めまい、耳鳴り、難聴を伴いやすいです。

②の鼻淵は腹部の膨満感、食欲不振、身体の重だるさを伴います。

③の鼻淵は風邪のような症状と疲れやすい状態が多いです。

④の鼻淵は腹痛や下痢、消化の異常、疲れやすい状態が多いです。

 

自分がどのような状態か知るのも非常に大事ですね!

ではまた。

ワンクリックお願いします! にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では柔道整復師を募集しております。

詳しくは「横浜柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・

横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

 

友だち追加