こんにちは。センター南院です。

最近どうしたら無理なく痩せることができるのかと色々調べていると、どうゆう仕組みで痩せていくのか、どんな物が太りにくいかなど、調べていて、そんな中気になった事を書いてこうと思います。

よく白湯を飲むと身体に良いとよく聞きますが、どーして身体に良いのか?と思ったことはありませんか?

それは、白湯を飲む事により内臓が暖められ内臓の活動が活発になり、消化・吸収・循環・排出から多岐にわたり活動的になるからです。排出に関しては、デトックス効果とよく言われていますね。

それにダイエット効果もあるのです。身体は内臓温度が1度上がる事により、基礎代謝率が10-12%も上がるようなのです。

なので白湯を飲み内臓温度を上げてから、運動でもすれば体脂肪もスムーズ燃焼し、効果覿面なんでは、、と思ったのです。

さらにもう一つ、身体温度を高く保つ事で免疫が上がりウイルスや細菌にかかりにくい身体になることができます。色々とメリットがある事なので試してみてはどうでしょうか。

白湯を飲むタイミングとしては早朝が良いと言われています。それは、早朝は代謝が上がりやすく内臓を温め基礎代謝率を高めるタイミングとして好都合なのです。さきほども、『内臓温度を上げてから、、、』とお話しましたが、代謝が上がりやすい早朝にさらに白湯を飲んで代謝率を上げた状態でランニングでもしたら相乗効果によりさらに体脂肪が落ちやすく健康な身体を作れるのではないでしょうか。

674417c9-565e-476e-9db5-a56edbbeff8d

次にお酒には太りやすいお酒太りにくいお酒とがあります。お酒には醸造酒・蒸留酒・混成酒とに別れており、今回は醸造酒と蒸留酒のお話を話していこうと思います。

さて、醸造酒とはどういったお酒の事を言うのか?それは、ビール・日本酒・ワインの事を指します。醸造酒には、アルコール以外に糖質、たんぱく質が多く含まれており太りやすいお酒となっております。それと醸造酒には食欲増進効果があるらしく食事を控えている方にとっては大敵なお酒になりますね、、、

続いて蒸留酒はと言いますと、代表なお酒としてはウイスキー・ブランデーがあります、その他にもウォッカ・テキーラ・ジン・ラムなどがあります。蒸留酒は糖質が含まれていなかったり、入ってても少量のため醸造酒に比べると太りにくいお酒になっております。

それにウイスキー・ブランデーの香りには、脂肪代謝を促すホルモンを増やす働きがあると言われております。なので、カロリーを気にしている方にオススメのお酒となっております。

だからといって大量にお酒を飲む事は内蔵を冷やし代謝率の低下につながりむくみの原因になったり、アルコールの分解はにビタミンCが消費されるので、ビタミンCには代謝促進効果があるので、ビタミンCが消費されると言う事は、これもまた代謝が悪くなる可能性の一つになりますね。なのでお酒は適度に飲まれる事をオススメします。

%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc2

最後に、今まで定期的に短い時間でも運動をしていれば痩せるのでは?と思っていたのですが、実は脂肪が燃焼するのには運動の時間が関係しているみたいなのです。

まずエネルギー消費には段階があるようで①まずは血中の糖・脂質が20分までの運動で消費れるらしく、次に20分以上の運動によって内臓脂肪と皮下脂肪が消費され始めるようです。なので、最低でも30分の運動を目安に定期的に行うことをオススメします。

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%82%b0

↓ワンクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へにほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ