こんにちは!三ツ沢下町院の伊藤です。

梅雨のジメジメした日が続いたと思えば、今日はカラッと暑くなりましたが、

みなさん体調管理はしっかりできていますか?

雨のおかげで涼しい夜の日もあれば、

なんとなく蒸し暑くて寝づらい日があったり、

思うように良い睡眠をとれていない方も多いかもしれません。

 

さて、今回はその「睡眠」について、

興味深い実験の報告を見つけましたので、ご紹介します。

 

(以下転載)

 

”ペンシルベニア大学とワシントン州立大学で行われた実験では、

1日平均7~8時間睡眠をとる48名の健康な男女を集め、4つのグループに分けた。

1組目は3日間眠らずに過ごしてもらい、

それ以外に関しては、4・6・8時間とそれぞれ決まった睡眠時間をとって生活してもらった。

彼らの心身の状態を2週間にわたり記録したところ、

睡眠不足になる具体的な時間がどれくらいなのかがわかった。

 

調査の結果、8時間しっかり睡眠をとった人々は、

実験の14日間、認知機能・注意力・運動神経ともに全く低下しなかった。

一方で、4時間と6時間のグループはというと、日を追うごとに着実に身体機能が低下していった。

最も能力低下が大きかったのは4時間睡眠のグループだったが、

6時間睡眠のグループもさほど大差はなかった。

その内容を分析することで、2つの注目すべき発見があった。

 

1つ目は、寝不足が累積されるということ。

睡眠不足は「神経」の疲弊でもある。

1週間もたつ頃には、6時間睡眠のグループは1日中、睡魔に襲われながら過ごすようになった。

2週間後には、6時間睡眠のグループのパフォーマンスは、2日間徹夜で過ごしたグループと同じレベルまで低下した。

つまり、もしあなたが6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、

あなたの精神と身体能力は、丸2日間寝ないで過ごした後の状態と同じということになるのだ。

 

2つ目は、能力の低下には自分で気づくことが出来ないということ。

能力低下は最初の数日のみではなく、日に日にどんどん落ちていった。

寝不足が進んでいくと、自分自身でも問題のあるジャッジをするようになった。

被験者自身に評価させたところ、

数日はパフォーマンスが落ちたが、あとはほとんど変わっていない、と思い込んでいたのだ。

自分では気づかずとも、パフォーマンスは確実に落ちていくのである。

 

多くの人が仕事のために睡眠不足に陥り苦しんでいる。

しかし、皮肉なことに長い時間働くことに価値はないのかもしれない。

能力を落としているだけだから。

 

アメリカに限って言えば、睡眠不足で生産効率を落とすことで失われている金銭的価値は、

毎年1000億ドル(およそ12兆4000万円)にも及ぶと言われている。

ワシントン州立大学の睡眠調査センターのディレクター、Gregory Belenky氏はこう語る。

「よほど思考力を必要としない仕事でもない限り、睡眠不足で働くことに意味は無い。

能力を犠牲にして生み出した時間を使っているだけなのだから」”

 

 

…いかがでしょうか?

私自身、睡眠時間5時間弱で過ごしているので、マズイのでしょうか(-_-;)

ただ、幸いなことに、私は週に1度、休みの日には寝溜めができているので、

ここまで深刻な状態になってはいないと思いますが…

これから暑い季節を迎え、疲れも溜まりやすくなります。

質の良い睡眠をとって、毎日を快適に過ごせるよう、注意していきましょう(^-^)

 

三ツ沢下町

ワンクリックお願いします! にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

 

励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。

港北区の小机院では、LINE@やってます。
友だち追加