こんにちは。センター南院です。

皆さん、よく腰痛(慢性的なもの)・こりなどの痛みに【鍼治療】が効くと聞かれる事があるかと思います。

皆さんはどのような仕組みで痛みの治療が行われているのかご存知ですか?

今回は鍼がどのように治療に関わるかを簡単にお話していこうと思います。

まず、鍼治療の仕組みをお話する前に、どのような過程で肩こり・腰痛などの痛みが生じるかをお話します。

肩こり・腰痛などの痛みは酸素不足が原因の一つとされます、細かく言うと筋肉の酸欠状態。

人の身体は筋肉の酸欠状態を感知すると、酸素が不足している部位の血管がらブラジキニンと言う発痛物質を発生させ、この部位の緊急事態を教えてくれるのです。他にも痛みの原因が色々とありますが、慢性痛・鈍痛のものだとこれにあたります。

さて本題に戻りますが、鍼を身体に刺すと、血液(血流)が鍼を刺した部位に集まります。

これはどういった事かと言うと、身体にとって鍼は異物でしかないのです。ウイルスや細菌の扱いを為されなので、身体の生理的反応として、異物(鍼)を取り除こうとして血液(白血球・赤血球など)が集まるのです。血液にはウイルスや細菌、  から身体を守ろうとする力があるのです。その過程の中で赤血球と言う   も身体の組織の修復作業や先程お話した筋肉の酸欠状態の改善も同時に行ってくれるので【痛み】からの回復の手助けに繋がるのです。

余談としてもう一つ、鍼には遠隔治療と言うものがあり、よく聞くツボを使って患部から離れた所(ツボ)を使って患部に対して反射的に治療を行うものです。あまりにも痛みが強く患部(痛い部位)の反応が強い場合