こんにちわ。

センター南です。

今の時代パソコンを使ってお仕事をされている方が多いと思います。

そんなみなさんVDT症候群になっていませんか?

VDT症候群とは

コンピュータディスプレイなど表示機器を使用した作業を長時間続けたことにより、

や体、心に支障をきたす病気のことである。

主な症状は

  • 目の症状 – ドライアイ充血、視力低下など
  • 体の症状 – 首、腰、肩のこり、痛みなど
  • 心の症状 – 食欲減退、不安感、抑うつ症状などです。

予防法としては、

長時間の作業を行う際には1時間に10分程度の適度な休息を取り、

軽い体操をして体をほぐしたり、

遠くの景色を見て眼の疲れを取るなどするといいです。

作業環境も非常に重要で、ディスプレイの位置を目の高さよりも低くセッティングしたり、

また反射光を抑えるフィルターを装着することも有効です。

暗い室内と明るいディスプレイとの極端な差は不快グレアと呼ばれる刺激を長時間もたらすため、

室内の照明環境のバランスを保つなど、

オフィス設計・照明設計などの面からの対策も行うのもよいみたいです。

それでも肩こり、目の疲れなど気になる方はお気軽にご相談ください!!

 

ワンクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へにほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ