みなさん、こんにちは!

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(*’ω’*)

 

 

 

タイトルにも書きましたが、

今日は11月29日ということで「いい肉の日」なんだそうです!

毎月29日は焼肉屋さんでも割引キャンペーンなどを行っていますよね(^^)

 

 

さて、話は少し変わりますが、お肉は栄養素でいうとたんぱくですよね!

では、たんぱく質とは他にどのような食材に多く含まれるのでしょうか?

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

肉類魚介類卵類乳製品大豆製品に多く含まれます。

 

 

 

様々な食材の中でも、食品100g当たりのたんぱく質の含有量が一番多い食材は何でしょうか?

 

水分量によってかなり変わってくるようなので、2通りでベスト5まで発表していきます!

水分が40%以上 水分が40%未満
①しらす干し(半乾燥) 40.5g ①ゼラチン 87.6g
②いわし(丸干) 32.8g ②ふかひれ 83.9g
③いくら 32.6g ③かつおぶし 77.1g
④すじこ 30.5g ④たたみいわし 75.1g
⑤牛肉(腱/すじ) 28.3g ⑤するめ 69.2g

 

以上が水分量別でみたベスト5になります。

肉類よりも魚介類の方がたんぱく質が含まれているものが多いですね!

 

 

最後にたんぱく質の働きについてです!

 

たんぱく質の働き

筋肉臓器を作る成分として重要。また、酵素、抗体、ホルモンの原料にもなる。

 

※たんぱく質が不足すると…
 体力や筋力、免疫力が低下する。子供では成長障害。高齢者では、老化を早めてしまう。

※たんぱく質を摂りすぎると…
 たんぱく質を摂りすぎた分は尿に排泄されるため、
 腎臓に負担がかかり腎機能障害を起こす場合がある。

 

 

みなさんもたんぱく質の不足と摂りすぎには気を付け、健康な体を維持していきましょう!!

 

 

 

 

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事