みなさんこんにちは!
まごころ鍼灸整骨院、京王堀之内院のです!

さて、今日はお灸にまつわる小話を一席(^_^)/

みなさん、「灸」という文字の語源をご存知ですか?

「久」という文字に「火」がつくことから、「長らく温かさが続く」という意味で作られた会意文字だと思っていました(‘ω’)

でも! いざ調べてみると、「久」は久しいという意味ではなく、「病気で横たわっているひと」を象形して作られたのだとわかりました(>_<)

横たわっている病人の姿に見えなくも…ないのかな(´・ω・)

ちなみに灸の「火」は、燃え盛る炎を表しているらしい。

うん、これはわかる。

あと最近、院長との会話でこんなのが出てきました。

院長「ねえ、お仕置きとして灸をすえるとか、約束やぶったら鍼千本飲ませるとかあるけど、鍼灸って良いことわざで使われないの?」

深沢「…はり千本のはりはお裁縫の鍼のような(後日、調べたらやはり縫い針の針でした)。うーん、お灸のいいことわざか…」

――と、見つからなかったので、ここで「お灸」に関する新しいことわざを募集します☆

もし、「これぞ!」というものが思いついた方は、京王堀之内院の深沢までご一報ください(^^)v

よし、では最後に鍼灸師らしく治療に関するお話もひとつ。

最近、冷えが原因で腰や肩を痛めている患者さんが増えています。

そんなときこそ強い味方になってくれるのが、このページでさんざん語ってきた「お灸」です(^_^)/

お灸は全身の血行を促進させるので、冷えが改善すると同時に、痛みも徐々に緩和します。

寒くなってきて、関節が痛い方や、冷えがしんどい方、夜寒くて眠れない方、是非とも当院にお越しください!(^^)!

LINE@始めました。お友達登録お願いします!
友だち追加

現在、センター南院が上階からの漏水のため電気系統がすべて使用できず臨時休業中です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何かありましたら、小机院、三ッ沢下町院へご連絡ください。初診料かからずご利用いただけます。 励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。