こんにちは!!

気温も下がってきたせいか、インフルエンザが流行ってきましたね(T_T)
インフルエンザ予防のためには手洗い、うがいはもちろんのこと
口の中の唾液の量が少なくなってはいけないとのことです。

口の中がねばねばする、口臭が気になる、口の中が不快、
お茶や水がないと食事ができないなどの症状がある人は
唾液の分泌量が減少している状態、いわゆるドライマウス
の状態だと考えられます。

では、ドライマウスを解消するにはどうすればよいのでしょうか。
まずは、食事のときに噛む回数を増やしてよく唾液を出す様に
しましょう(^_^)/
そして、よくおしゃべりしたり笑ったりすることも重要です。
口や舌をよく動かすことで口の中の筋力が鍛えられ、
唾液がでやすくなります。

予防接種をして、マスク、うがい、手洗いを徹底しても
インフルエンザを完全に予防できるわけではないとのことですので、
インフルエンザ感染のリスクを下げるためにも、口の中の健康には
気を使っていきましょう!(^^)!
三ッ沢下町

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事