こんにちは! PVRふれあい整体院 三ッ沢院 高橋です!!

 

前回のブログの続きでビタミンA・C・Eをもう少し詳しく説明していこうと思います!

 

【ビタミンA】

ビタミンAは油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンの1つです。

多く含まれる食品は豚レバー・鳥レバー・ウナギ・乳製品(牛乳・バターなど)・卵などの動物性食品に多いです。

身体の中に入ったビタミンAは脂肪ととも小腸から吸収されると、ほとんどは肝臓に蓄えられ、その他は血液によって心臓や肺、腎臓などの各組織に運ばれる

主な働きは皮膚や粘膜を健全な状態に保つ。

 

【ビタミンC】

ビタミンCは水に溶ける水溶性ビタミンの1つで、美容の為のビタミンとしても呼ばれる。

多く含まれる食品は緑茶・果物(柑橘類やイチゴ)・野菜・いも(ジャガイモなど)です。

ビタミンCは身体の細胞と細胞の間を繋ぐコラーゲンを作るのに必要不可欠です。これにより皮膚と粘膜の健康維持に役に立っています。

また、病気などの色々なストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに抗酸化作用もあり、有害な活性酵素から身体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できる。

 

【ビタミンE】

ビタミンEは油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンの1つです。

多く含まれる食品はアーモンドなどのナッツ類や植物油に豊富に含まれています。その他はウナギやたらこ、などの魚介類・アボカド・大豆・緑黄色野菜です。

ビタミンEは抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで身体を守る働きがあります。

この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患予防することが期待できる。

 

というふうな効果をビタミンA・C・Eは持っています。

どれも身体にとって大切ですし、ダイエットにも有用なのでぜひ参考にしていただければ幸いです(#^^#)

 

では、今回はここまでにさせて頂きます(-ω-)/

次回も残りのビタミンの説明をしていこうと思います!!

 

現在、LINEで無料相談受け付けておりますので気になる事がありましたら、お気軽にご利用ください!

 

 

 

 

 

当院、三ッ沢院の公式サイトはこちら👍⇩

TOP PAGE

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事