こんにちは、まごころ鍼灸整骨院 京王堀之内院です。

最近、朝晩の冷え込みが強くなり冬の訪れも感じられます。

なんとなく頭痛がする胃もたれおなかの調子が悪いなどの症状はありませんか?

実は、脱水症状かもしれません!

今回は、隠れ脱水についてピックアップしていきます!!

 

冬の脱水症状って??

冬は、空気が乾燥し、エアコンなどの暖房器具を使用すると湿度が下がります。

乾燥した環境では、皮膚や粘膜、呼吸から水分が失われる量が増えていきます。

また、汗を意識しない冬は警戒心も下がり夏場に比べ水分の摂取が減りがちとなり水分不足を引き起こす可能性があります。

寒いからと暖房器具をつけたまま寝ていると、室内の湿度がさらに下がり体内の水分が失われる量が増えてしまいます。

かくれ脱水とは?

脱水症の初期段階では、主に次のような症状が表れます。

  1. 頭痛
  2. 集中力の低下
  3. 日中の強い眠気
  4. 食欲不振
  5. 腹部の不快感
  6. 胃もたれ
  7. 体に力が入りにくい
  8. 筋肉痛
  9. 足がつる

1~3は脳4~6は消化器7~9は筋肉で生じる症状です。

脳、消化器、筋肉をそれぞれきちんと機能させるためには常に体液を循環しています。

どの症状も「ちょっと体調が悪いな」と、原因が分からないまま不調が続くようなら水分不足の可能性がありますのでこまめに水分を補給しましょう。

かくれ脱水を防ぐ方法は??

こまめな水分補給です。お茶やコーヒーなどカフェインが含まれているのは逆に水分が出て行ってしまいます。

1日1.5~2ℓ程度を目安に2~3時間おきに水分をとる習慣をつけましょう。

室内では次のような乾燥対策も併せて行うと効果的だと思います。

  • 加湿器を使う
  • 洗濯物や濡らしたタオルを室内に干す
  • 定期的に窓を開け、換気をする

室内の湿度を70%~くらいがベストとされています。

これからの時期は、寒くなるので脱水に気をつけてください!

寒くても、換気は行い水分摂取量にも気をつけていきましょう!!

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、TwitterInstagramもやってます!

最新情報などツイートや投稿をしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード         

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方、お久しぶりの方は

①お名前

②症状

③希望日(時間帯)を書いて送って下さい。

営業時間は(10:00~13:30、15:00~20:00)となります。

現在通院されている方で、LINEで初めて連絡する方もお名前を書いて頂けると助かります。

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

℡:042-689-4649

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事