皆さんこんにちは!ゆりのき台院です!

私は昨年の4月に北陸から東京(正確には相模原市)に引っ越した来たのですが、

そのことを患者さんにお話しすると、

「向こうの冬は寒くて大変でしょ~」と返ってくることが多いです。

 

が、

 

実は関東の方が寒く感じます…( ;∀;)

私もこちらに引っ越してきて冬が近づいてくるまでは、

(雪も降らなさそうだし北陸よりはあったかいだろうからいいなぁ^^)と思っていました。

思っていたのですが、11月くらいからどうにも寒いのです。

そんなわけないだろ~と思っていたのですが11月半ばごろから北陸にいた時には真冬に着ていたアウターを

引っ張り出して着ることになってしまいました。

空気がカラカラに乾燥している(北陸は冬も湿気が多い)から風が冷たく感じるのですね。

全然知りませんでした。

でも!それでも雪は降らないから!!とも思っていたのですが、

ゆりのき台周辺は降るんですね。朝起きたら外が真っ白で驚きました。

そんな中明日から関東甲信越地域は大雪の予報。

踏んだり蹴ったりです。

 

長くなりましたが、北陸で勤務していたときに患者さんに伝えていた

雪道で転ばない歩き方のコツをお教えしたいと思います!

 

【北陸生まれが教える雪道を歩くコツ!】

➀歩幅を大きくしない。

・大股でのしのし歩くと氷に足を取られて転びます。

➁しっかり靴の裏を接地させる。

・地面をしっかり踏みしめてください。走ると転びます。

③オシャレな靴は避ける。

・踵の高いブーツだとか、裏がツルツルのバッシュのようなものは諦めてください。

・長靴はダサければダサいほど安全です。

④急がず慌てない。

・絶対みんな遅刻します。

⑤マンホール、道路の白線は避ける。

・凍ってます。

 

ざっくり書きましたが、だいたいこんな感じです!

明日からの雪、大変憂鬱ですが皆さま気をつけてください!!

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事