こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 小机院 松井です(*^-^*)

こ最近、めっきり涼しくなってきましたね!布団が夏仕様のままで寝る時が寒かったり…そんな方もいらっしゃるのでは?

秋を感じますが、季節の変わり目は体調崩しやすいので注意が必要です!!!

 

寒暖差が大きくなると…

夏から秋になる9~10月は、朝晩と昼の気温差が大きくなります!

寒暖差が大きくなると体温調節が難しくなり、体調を崩しやすくなります。寒い中を歩く男性会社員のイラスト

特に、一気に朝晩が冷えるようになったこの時期は要注意です!!

 

自律神経の乱れが原因?

人間の身体は、

寒い季節が近づく…交感神経優位。血圧を上げ、体温上昇させ寒さに対応。

 

暖かい季節が近づく…副交感神経優位。血圧を下げ、体温を下げて暑さに対応。

 

このような仕組みで、季節に合わせ体温を調節しています。

しかし、季節の変わり目この調節の変わり目のタイミングの為、自律神経が乱れやすくなるのです。

これにより、気温の変化についていけず体調を崩しやすくなるのです!!

 

予防はどうする?

下記のことを実践することで予防につながりますので、ぜひお試しください!

 

朝はカーテンを開け、日光を浴びて自律神経を整える朝のイラスト

●上着を持ち歩き、朝晩と昼の気温差に対応できるようにする

●適度な運動をし、筋肉をつけて熱量を増やす。

●栄養バランスの良い食事をする。食事をしている男性のイラスト

 

以上のことを気を付けることが重要です!

しっかりと予防し、冬に備えましょう!!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事