こんにちは! PVRふれあい整体院 三ッ沢院 高橋です!!

 

今日は久しぶりにストレッチ関係のお話をしようと思います!!

 

内容としましては柔軟性についてです(*^^)v

 

柔軟性の低下は運動不足による要因が最も大きいですが、意外に食べすぎも影響します( ゚Д゚)

その理由の一つは食べすぎで太ることによって体脂肪が増え、関節の動きを制限します。

もう一つは食べすぎること自体で筋肉そのものが硬くなってしまいます。

 

食事をとると血糖値が上昇します。

常に何か食べている状態だと、常に血糖値が高い状態になります。

この糖分は身体の大切なエネルギーですが多すぎると身体の様々な機能を鈍らせる【糖化】という現象が発生します。

糖化が筋肉に発生すると筋肉や筋膜などのコラーゲン硬くし、柔軟性が低下してしまいます。

もし糖化が発生し柔軟性が低下したら食事を減らし、しっかりストレッチをすれば柔軟性が戻りますのでご安心してください(*’▽’)

もちろん、力士の方みたいに太っていてもしっかりストレッチすれば柔軟性を確保できますので結局は継続してストレッチやるのが一番、大切ですね!

 

では、今日はここまでにさせて頂きます。

 

 

現在、LINEで無料相談受け付けておりますので気になる事がありましたら、お気軽にご利用ください!!

 

 

 

 

 

 

当院、三ッ沢院の公式サイトはこちら👍

TOP PAGE

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事