こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 小机院 松井です(*^-^*)

 

日に日に秋に近づき、夕方かと思ったら外が真っ暗に…そんな時期に入ってきました!!

ただ、陽が出ている時間(日照時間)が短くなると、身体にも様々な影響を及ぼすので要注意です!!

では、日照時間が減ると健康にどう影響してくるのでしょうか?

 

ビタミンDの不足

まず挙げられるのが、ビタミンDの不足です。

ビタミンDは食べ物からとったり、日光を浴びることにより体内で作られます。

働きとしては、

小腸などでカルシウムを吸収

血液中のカルシウム濃度を保ち、骨を丈夫にする元気な骨のキャラクター

等があります。

そのため、ビタミンDが不足すると骨や歯が脆くなってしまいます。

カルシウム不足続けば子供ではくる病、大人では骨粗鬆症などにつながってしまいます!!

 

セロトニンの不足

人間は日光に当たると、セロトニンを分泌します。過食症のイラスト

これは、精神面に対し大きく作用するホルモンです。

これが不足してしまうと…

気分の落ち込みや意欲低下

怒りっぽくなる、いつもイライラする

食欲が増加し、過食気味になる

など、様々な影響が現れてきます。不眠症の人のイラスト

このような状態が長く続くと、うつ病や不眠症などの精神疾患にもなりやすいと言われています。

 

対策

ビタミンD、セロトニン共に食事である程度賄うことが可能です!!たんぱく質のイラスト(栄養素)

セロトニンは、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸が原料になります。

肉、魚、乳製品、豆類などに多く含まれています。

 

ビタミンDは魚、卵類、キノコなど多く含まれています。

積極的に外に出るのを控えている方も多いと思いますので、気になる場合は食事に一工夫加えて対策を図りましょう!!!

 

また、朝起きたときにカーテンを開け、室内に日光を入れることも大切です。日光浴のイラスト(男性)

朝日を浴びると身体のスイッチも入るため一石二鳥ですね!

 

※ビタミンDは体内に蓄積されるため、取り過ぎ注意です。普通の食生活であれば問題ないですが、サプリメントなどを使用している場合などは気を付けましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事