みなさん、こんにちは!

 

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(‘◇’)ゞ

 

 

 

最近、患者様との会話の中で、

多くの方から「朝が一番痛い」「寝起きが辛い」といった声を聞きます。

そこで今日は、なぜ「朝や寝起きが辛くなるのか?」ということを3つのポイントに分けて、

原因や予防法と一緒にご紹介をしていきます。

 

①寝方が悪い

寝方にクセがある方は、それが原因かもしれません。

しかし、一番大事なことは寝返りを打てているかです。

 

例えば「いつも右肩を下にして寝る」といった場合、もし寝返りをしていないと考えると…

寝てる間(何時間も)ずっと、右肩に身体の重さがかかっていることになります。

そうすると、朝起きた時に筋肉や関節が固まってしまい、痛みが出たり動かし辛さが出たり

してしまいます。

そのため、寝返りが打てているかということはとても大事になってきます。

 

 

 

 

②寝具が合っていない

最近は低反発や高反発の寝具が多く売られていて、枕に関しては専門店があるぐらいですよね!

それだけみなさんが“何かしらの悩みを抱えている”ということです。

では、実際にどのような寝具がいいのか?

 

まず枕の高さは、【自分が立っている状態からそのまま仰向きに寝た高さ】です。

そのため、仰向きで寝ている時に違和感を感じるようであれば、

それは既に高さが合っていないということになります。

また、横向きになると首の高さは変わるため、左右の高さは少し高めの枕がいいですね!

 

次にマットレスは、最近では【高反発のもの】がいいと言われています。

ですが、これに関しては人それぞれ体重も違うので、自分の身体に合ったものがベストです。

ただ、柔らかすぎ・硬すぎのものは避けるようにしましょう!

 

 

 

 

③体の循環が悪い

人間は朝起きた時、血液などの循環は昼や夕方に比べてゆっくりな状態です。

ずっと眠っていたため脈拍も緩やかで、朝は体温も低く出ます。

これはどの方も同じです。

 

では、体の循環を悪くしてしまう原因はなんなのか…

それは、筋肉が硬くなっている方です!

筋肉が硬くなっている方は、朝のゆっくりな循環では十分に血液がいきわたらず、

痛みが出てしまいます。

朝だけ痛みが出る方は、昼や夕方になって血液循環が活発になってくると

痛みはなくなるかもしれません。

しかし、その循環が更に悪くなると、いわゆる「慢性の痛み」の状態になってしまいます。

 

慢性の痛みに変わると、治療をしても痛みが治まるまでは時間がかかります。

早めに当院までご相談ください。

また、ご自宅でのケアとしては《お風呂に入る⇒ストレッチをする⇒寝る》というように、

お風呂の後に「ストレッチ」を行うようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

こちら限定で何かお得な情報を発信するかも⁉フォローよろしくお願いします‼

 

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事