みなさん、こんにちは!

 

 

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院です(*’ω’*)

 

 

 

当院では最近、「朝起きたら首・肩が痛かった」という方が多く来院されます。

いわゆる“寝違え”の状態ですね!

 

寝違えとは、睡眠中に首や肩に負担がかかる体勢が続くことで、

起床時に同部位に痛みが出たり首の動かしづらさが出るものをいいます。

急性疼痛性頚部拘縮とも呼ばれます。

痛みなどの症状が出たとしても、数時間で落ち着く軽度の場合もあれば、

数日にわたって続く場合もあります。

 

寝違えの場合は、レントゲンやCTを撮っても特に異常が見られないことがほとんどです。

 

では、何が原因なのでしょうか?

考えられる原因を3つあげていきましょう(^o^)丿

 

 

①筋肉

まず1つ目として考えられることは、筋肉の問題です。

 

睡眠中は多くの方が6~8時間ほど横になった状態です。

寝返りが少なかったり無理な姿勢で寝ていることで、首・肩の筋肉が圧迫され

血行が悪くなります。

元々のコリが強い方などは、これが原因で痛みが出たり動かしづらくなることがあります。

 

 

②椎間関節

次に2つ目として考えられることは、椎間関節(首の骨の関節)の問題です。

 

これは、丸くなって寝るなど睡眠中の姿勢が悪い方や、枕の高さが合っていない方などに

起きやすいものです。

寝ている姿勢が悪いと、椎間関節の組織や靭帯に負担をかけてしまいます。

それが炎症を起こすことで痛みが出てきたり、ひどい場合には痺れも出てきてしまいます。

 

 

③神経

最後に3つ目として考えられることは、神経の問題です。

 

寝違いの主な原因としては、

「首につながる神経が圧迫され痛みが出る」ことです。

特に、横向きでずっと寝ている方に多く見られます。

横向きで長時間寝ることで、下になっている側の神経が圧迫され、

そこから痛みにつながったり首が動かないということになっていきます。

 

 

 

以上の3つが原因として考えられることになります。

どれか1つではなく、2つもしくは3つ全てが原因として考えられることもあります。

 

寝違えでお困りの際には、当院までお気軽にご連絡ください。

 

 

“寝違え”になってしまった場合、当院での治療法の1つとして

「ハイボルテージ治療」という電気の機器を使った治療があります( ゚Д゚)

 

次回は、ハイボルテージ治療についてと寝違えの予防法についてお話していきますね!

 

 

 

 

電話が苦手という方は…
LINEからもご予約いただけます!
https://lin.ee/47B7dvb

まずはお友達登録をしていただき、
①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ!
その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事