皆さん、こんにちは!まごころ鍼灸整骨院、京王堀之内院です(*^▽^*)

本日は、6月1日にアップいたしました「東洋医学的な視点でみたむくみについて」の続きで、腎によるむくみのタイプの方と、肝によるむくみのタイプの方の特徴についてご説明いたしますね。

是非、ご自身の体調や体質に当てはまるものはないか、考えながら読み進めていってください!

「腎陽虚(じんようきょ)」証

これは水液をつかさどる「腎」の機能が低下したことに加え、冷えを伴う症状をさします。
機能の低下により水分の三焦気化が滞り、内湿が停滞してむくみが生じます。

【以下、チェック項目】
□足腰の冷え □朝方に下痢をする □下半身がむくみやすい □尿量の減少 □顔色が白っぽい □めまい □動悸 □関節が冷える、痛む

「肝鬱気滞(かんうつきたい)」証

身体の諸機能を調節する「肝」の気が滞りやすい体質であるために、三焦気化の調節がスムーズに行われない症状をさします。

【以下、チェック項目】
□ストレスが多い □胃もたれ、胃痛などの症状がある □便秘 □生理不順□咽喉部に異物感がある □吐き気 □げっぷやしゃっくりが止まらない □怒りっぽい □顔色が暗い □ため息が多く、眠りが浅い

いかがでしたでしょうか?

ご自身の体質と符合する症状はありましたか?

また、「内湿」ばかりがむくみの原因ではありません。

湿気の多い環境や飲食物が体調不良に便乗して、むくみを悪化させる場合もあります。

これが五つ目の証、「湿滞(しつたい)」で、湿邪が体内に停滞している方をさします。

むくみに効果的な経穴(ツボ)をご紹介します

では最後に、脾によるむくみタイプ、肺によるむくみタイプ、肝によるむくみタイプ、腎によるむくみタイプ、湿滞によるむくみタイプの方、全タイプの方におススメな経穴(ツボ)をご紹介いたしますね!

その名も「水分(すいぶん)」です!!
これはお臍から指一本分上に上がったところに存在する経穴でして、この経穴を刺激することで、停滞していた水分の流れをスムーズにする効果があると言われています。

■刺激の仕方…「水分」の上に左右の人差し指を重ねて置き、息を吐き出しながら、ゆーっくり押し込むようにして刺激しましょう。とくに夜眠る前と朝起きたあとに刺激すると、身体がすっきりしますよ(*^-^*)

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

この時期はとにかく胃腸の機能を高める食材や、湿気を飛ばす食材などを取り入れ、水分代謝のいい体づくりができれば良いですね。

またお会いしましょう☆

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院でTwitterやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください( ´ ▽ ` )ノ

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事