こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院西橋本院です。

猛暑が続いていますので、熱中症にはくれぐれもお気お付けください。

今日は産後の骨盤についてお伝え致します。

産後の身体で起きやすい症状(健康面)

個人差はありますが、産後の身体で起こりやすい症状があります。

①腰痛

②肩こり

③股関節の痛み

④膝の痛み

⑤むくみ、冷え

⑥頭痛

⑦噛み合わせのずれ

などが産後の身体には起こりやすくなります。

このほかにも様々な症状がありますが、様々な症状が起こる原因は、

①出産により身体の土台である骨盤が歪み、骨盤の歪みにより背骨にも負担がかかってしまう。

②骨盤の歪みから、足の長さがかっわてしまったり下肢の影響により不安定な骨盤にさらに負担がかかってしまう。

③出産により、身体を維持するインナーマッスルの低下。

④骨盤や背骨の歪みによりホルモンバランスや自律神経が乱れてしまう。

産後の身体に起こりやすい症状(美容面)

①出産のために開いた骨盤には脂肪がつきやすく、骨盤が開いたところに内臓下垂がおこり内臓機能の低下が起こりやすくなります。

内臓の働きが悪くなると、便秘になりやすく代謝が下がります。そして骨盤の広がった空間に脂肪がつきポッコリお腹になりやすくなります。

②骨盤の歪みは広がるだけでなく、左右の高さがどちらかに傾くこともあります。骨盤が傾くことでウエストのくびれがなくなってしまいます。

③産後の骨盤は、産道を広げるために骨盤の下の部分がリラキシンというホルモンで靭帯が緩み広がります。

これによりお尻や下半身太りに繋がってしまいます。

また骨盤の広がりにより股関節にも負担がかかり、O脚やX脚にもなりやすくなります。

産後の身体に大切な事

①通常の骨盤矯正でなく産後専用の骨盤矯正をする。

②骨盤だけでなく、骨盤の根っこについている太ももの筋肉を鍛える。

③姿勢を維持するための筋肉、インナーマッスルを強化する。

④崩れた栄養バランスやホルモンバランスを整える。

⑤少しでもリラックスできる時間を作る。

産後は骨盤を広げるために出たホルモンの影響で骨盤の関節が動きやすい状態になります。

産後に正しく骨盤周りのケアをすることで、産前に抱えていた身体の症状や美容の悩みの改善も期待できます。

産後の骨盤矯正は通常産後1ヶ月ぐらいから行えますが、出産で身体には大きな負担がかかっていますので、主治医と相談し、主治医の了解をいただいて行うのが理想です。

 

 

当院は産後の骨盤矯正も行っていますので、お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

電話が苦手という方は…

LINEからもご予約いただけます!

https://lin.ee/47B7dvb

まずはお友達登録をしていただき、

①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ!

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事