こんにちは!

相模原市にあるまごころ鍼灸整骨院西橋本院です😄

西橋本は雨はやんで、過ごしやすい気温に感じます。

今日は産後の骨盤の状態についてお伝え致します。

産後の骨盤の変化

①骨盤が前傾する

骨盤は元々少し前傾状態にあります。妊娠することで、大きくなるお腹を前から支えている腹筋は薄くなり、力が入りにくくなります。

赤ちゃんや羊水の重みをおさえられず、重心が前に移動して骨盤が前傾していきます。

骨盤がが前傾すると腰痛に繋がっていきます。また骨盤前景を放置していくと内臓下垂になりポッコリお腹になってしまします。

②骨盤が開く

出産するときに産道を広げるためにホルモンが分泌され、そのホルモンにより靭帯が緩み骨盤の下部が開いていきます。

通常の骨盤の開きは骨盤の上部がのみが広がっていきますが、産後の骨盤の開きは骨盤全体が広がっていきます。

骨盤が開くとどうなる?

骨盤が開くことによって、恥骨からお尻にかけての筋肉「骨盤底筋群」も同時に緩んでいきます。

骨盤底筋群が緩んでしまうことで、産前、産後は尿漏れの原因にもなります。

骨盤は人間の体の土台ですので、開いた骨盤を放置すると土台がグラグラになり、体型の変化や腰痛、肩こり、頭痛、下半身のむくみなど様々な症状に繋がっていきます。

帝王切開での出産は骨盤に負担がかからない?

自然分娩とは違い、帝王切開では骨盤を動かすわけでないから骨盤には負担がかからないかと思いますが・・・そんなことはありません!!

妊娠中に分泌されるホルモンはしっかり分泌されている為骨盤の緩んだ状態になります。

また、産前のお腹の大きな状態は一緒なので、赤ちゃんが出てくるまでに緩んだ骨盤で赤ちゃんを支えているのは自然分娩でも帝王切開での出産も骨盤に負担がかかっている状態は同じです。

産後の骨盤矯正はいつからできる?

緩んだ骨盤を放置すると、体型の変化や体質の変化、腰痛など様々な症状が起こるため産後の骨盤矯正はとても大事になっていきます。

産後数か月は骨盤の靭帯が緩んでいる状態が続いている為、正しく矯正をすることで産前より良い状態になりやすいです。

自然分娩では産後1ヶ月~2ヶ月、帝王切開ではお腹を切っている状態ですので、最低でも産後1ヶ月はしっかりと身体を休めて傷を治すことが大事です。傷が治って産後2ヶ月~3ヶ月から行うのが理想です。

自然分娩も帝王切開も産後の体調の変化は個人差があるので、担当の主治医の確認をしてから矯正を始めることも大事です。

産後は大きく体に負担がかかっているので、無理をしないことがとても大事です。

当院は産後の骨盤矯正も行っていますので、産後の体の変化などでお悩みがあればご気軽にご相談ください。

ご予約の際に女性の先生が良いなどありましたら、お伝えください出来る限りご要望にお応えできるようにいたしますのでご安心ください(^O^)

LINEからもご予約いただけます!お友達登録お願い致します!
https://lin.ee/47B7dvb

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事