おはようございます。港北区にある小机院です。

前回までで身体の上半身の筋肉の紹介は終わりましたので、

今回から下半身の筋肉を紹介していこうと思います。

 

タイトルに出ました下半身のことを医療用語で下肢と呼びます。

さらには一般的にみなさんが呼んでいる

太もも辺りを大腿と呼び、ふくらはぎ辺りを下腿と呼びます。

 

下肢の大腿の筋肉には、前側の大腿四頭筋、後側の大腿二頭筋、半腱・半膜様筋、

内側の内転筋、外側の大腿筋膜張筋が大きく分けて4箇所あります。

大腿前面に関して、大腿四頭筋がメインとなり名前の通り4つの筋肉で構成されています。

身体の深いところの筋から中間広筋、内側広筋、外側広筋があり、大腿直筋が浅く付きます。

中間広筋は大腿骨の上の方から膝蓋骨(膝のお皿)に付き、内側広筋や外側広筋とともに

膝を伸ばしたり、膝の安定性に関与します。

内側広筋は大腿骨の上の内側に、外側広筋は大腿骨の上の外側から膝蓋骨に付きます。

大腿直筋は表面近くにあり中間広筋や内側広筋や外側広筋と違い骨盤の前側から膝蓋骨に付きます。

骨盤に付いているということもあり、他の3つの筋と比べて瞬発力が極めて高いです。

さらに大腿直筋が硬くなってしまうと骨盤が前かがみになり、お尻が出っ張ってしまいます。

お尻が出っ張りすぎてしまうと腰痛の原因になってしまうので、足周りをほぐすのも大事ですね。

まずはお風呂で温まってから大腿前面をマッサージして、

仰向けの状態で片足ずつ踵をお尻に付けるように膝を曲げてストレッチしてあげて下さい。

そうすると、大腿四頭筋の弾力性が上りますので試してみて習慣にしてみてくださいね。

次回は大腿の他の大事な筋肉を紹介しますので、よろしくおねがいします。

 

現在、センター南院が上階からの漏水のため電気系統がすべて使用できず臨時休業中です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何かありましたら、小机院、三ッ沢下町院へご連絡ください。初診料かからずご利用いただけます。 励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。