まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

自賠責保険と自動車保険)任意保険のことについて書いていきます。

つい最近、「自賠責保険」が車両1台あたり年間100円程度上乗せして加害者不明のひき逃げや無保険車による事故の被害者救済に当てられる。というニュースがありましたね。

 

自賠責保険とは

すべての自動車とバイク(原付バイクも含む)に法律で加入が義務付けられている強制保険です。

自賠責保険に加入せずに運転した場合50万円以下の罰金または1年以下の懲役+違反点数6点、免許停止処分が科せられます。また未加入の車は車検に通りません。

自賠責保険は自動車事故の被害者救済を目的としている為、対人の事故(人身事故)の場合のみ一定の金額の範囲内で保険金が支払われます。事故を運転者自身にはケガやものの補償はありません。

 

支払われる保険金の限度額

・死亡 最高限度3000万円

・後遺症 程度に応じて75~4000万円

・ケガ 最高限度120万円(治療費、通院交通費)、文書料(交通事故証明書等の発行手数料)、休業損害および慰謝料として支払われます。

 

自動車保険(任意保険)と自賠責保険の違い

任意保険は自賠責保険のように加入が義務づけられているわけではなく、加入していないから運転できないということはありません。もうひとつ大きく違うのが補償範囲です。自賠責保険は被害者救済が目的で、すべて相手の身体への補償に限られています。仮に自分が事故を起こして、身体や車がどれだけの被害を受けてもその部分に対しては自賠責保険から補償が出ることはありません。

 

任意保険とは

自賠責保険では人身事故を起こしてしまった際に被害者に対して上記の金額が支払われます。しかしそれだけでは補償内容が限られており、補償額も十分とは言えません。もちろん自らの貯蓄から払う事もできますが賠償が1億円を超える場合もあり、あまり現実的ではありません。そこを補うのが任意保険です。

任意保険の補償内容は人に対する補償と、モノに対する補償に分けられます。

人に対する補償(対人賠償保険)は、自動車事故により他人を死亡させたり怪我を負わせたりして賠償責任が生じた際の補償や、搭乗者が死亡、怪我をした場合の保険金の支払い、治療費の補償などを指します。

 

ものに対する補償(対物賠償保険) 自動車事故により相手の自動車、壁、ガードレールなどモノを壊して賠償責任が生じた際の補償や自分の自動車の修理費に対する補償を指します。

 

任意保険には上記以外にも車両保険、ロードサービス、弁護士特約など様々なものがあるのでそれを自分で組み合わせを選んで加入します。弁護士特約は同居の親族や未婚の子であれば、家族のうち誰か1台に付帯していれば誰でも補償されるので確認してみましょう。この弁護士特約はつけておくと加害者の過失が10割の事故や物損事故、相手が任意保険に加入していなかった時などに役立ちます。

 

まごころ鍼灸整骨院でも交通事故によるムチウチなどのケガを治療することができます。

当院では患者様の体調に合わせ、鍼、灸、超音波、ハイボルテージなども取り入れ少しでも早く身体の状態が回復するようサポートしていきます。

お困りのさいは一度ご相談ください。

 

 

☎0426734649

八王子市館町2300-1 フードワンゆりのき台


友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事