こんにちは。三ッ沢下町院です。 今回も「身体運動の法則」についてお話しさせていただきます。 操体法では身体運動の法則として以下の6つを挙げています。 1.連動の法則 2.重心安定の法則 3.重心移動の法則 4.呼吸との関連 5.動作と姿勢と感情 6.飲食との相関 前回の 「2.重心安定の法則」に続き 「3.重心移動の法則」ですが 屈曲運動の時は反対側に 伸展の時と回旋の時は同じ側に重心を移動させます。 屈曲とは体幹の前屈と後屈のことで 前屈の時は骨盤は後方へ 後屈の時は骨盤は前方へ ということです。 伸展とは上に手を伸ばす様な動きで 右手を上に伸ばした時は右側に重心をかける 左手を上に伸ばした時は左側に重心をかける ということです。 回旋とは体幹をひねる動きのことで 回旋した方向に重心をかけます。 体幹の側屈の時は間違えやすいのですが 右側屈の時は左足に重心をかけ 左側屈の時は右足に重心をかけます。 日常の身体の使い方や姿勢などを見直すきっかけにしてみて下さいね! 次回は「4.呼吸との関連」についてお話しさせていただきます。 お身体の歪み、バランス、姿勢を整えませんか? 慢性的な肩こり、腰痛、関節痛、手足のしびれ等を改善しませんか? ご来院、ご相談お待ちしております! ================================ 我慢しないで下さい!   諦めないで下さい! 当院オリジナルの<操体法>による<全身バランス調整> 施術時間:60分 施術料:5400円(+初回のみ初診料1620円/共に税込) ※要予約 ================================   TEL 045-321-0650 三ッ沢下町院LINE 三ッ沢下町院LINE@リンクタグ
おすすめの記事