こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院西橋本院です。

梅雨が明けて経験をしたことのないような暑さが続いていますので熱中症にはくれぐれもお気を付けください!

今日は頭痛についてお伝え致します。

筋収縮性頭痛

筋収縮性頭痛は頚についている筋肉や頭についている筋肉が持続的に収縮することで起こります。

筋収縮性頭痛の特徴は、締め付けられるような痛みや、頭が重く感じるのが特徴で首のコリや肩コリが伴うことが多いです。酷い時は吐き気やめまいを伴うこともあります。

筋収縮性頭痛は血流が悪くなることで起こるので、首周りの筋肉を温めたり、ほぐすことで血流が改善して頭痛が緩和されます。

片頭痛

片頭痛は頭蓋外血管の拡張によって頭痛が起こります。

片頭痛の特徴は、拍動性(バクバクする感じ)、反復性頭痛で大半は片側に痛みが発生します。

疲労やストレスなどで誘発されることが多く、十分な睡眠を取ることで痛みが緩和されることが多い頭痛です。

肩コリや吐き気、悪心などの随伴症状や閃輝暗点(目がチカチカする感じ)などの前駆症状がみられることもあります。

頭痛が出ている時は顔が赤くなったり、眼が充血することもあります。

片頭痛は自律神経の乱れも関係することが多く、出来るだけリラックスできる環境でゆっくり休んだり、首や頭を冷やすことで緩和されます。

注意が必要な頭痛

筋収縮性頭痛や片頭痛は辛さに個人差がありますが直接命にかかわるものではありません。

頭痛の中でも注意が必要な頭痛の症状があります。

①意識障害や片麻痺、言語障害などの神経症や眼症状を伴い頭痛(脳出血、緑内障など)

②頭痛が瞬時に突発し、我慢できないような痛みが持続する、または痛みがどんどん進行していく頭痛(脳出血、脳腫瘍)

③早朝に頭痛が強く、吐き気を伴い嘔吐後に頭痛が軽快する頭痛(脳圧亢進症状)

上記のような症状が伴う場合は早急に病院を受診するようにしましょう。

頭痛にも種類があり、症状も個人差がありますが大事なのは無理して我慢したり、放っておかないことです。

気温の上昇で身体にはストレスがかかっていますので、身体の発してるサインを見逃さないで、この夏を乗り切りましょう!

 

 

電話が苦手という方は…

LINEからもご予約いただけます!

https://lin.ee/47B7dvb

まずはお友達登録をしていただき、

①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ!

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事