みなさま、こんにちは。まごころ鍼灸整骨院です。

日本国中、いや、世界中皆の関心事は、新型コロナウイルスに関係するものではないでしょうか。

感染したらどうしようとか、自分たちの生活はどうなってしまうのか心が落ち着かないですよね。

漠然とした不安に襲われて、なんとなくシャキッとできないこともあるのではないでしょうか。

鍼は世界的に見て、効果があると認識されています

まず初めに、鍼って大丈夫なの?と不安感をお持ちの方にお伝えさせていただきます。

NIH(米国国立衛生研究所)は、鍼灸療法の各種病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として、効果が有効であると発表しています。

西洋医学、すなわち日本の病院での治療の代替療法としてしっかりと認められているということなのです。

憂鬱な心に鍼が効く

鍼は一般的に関節痛などにしか効かないと思われている方も多いのではないでしょうか。

実は、鍼の効果はとても広く、心のケアにもとっても有効なのです。

なんだか気分が晴れない。病気ほどではないけど、体調がすぐれない。そんな人たちの悩みを解消する手段として、東洋医学が注目を集めています。イギリスでは、うつ病治療の選択肢として、薬が効かない患者への効果が確認され、日本の研究からは、「脳活動の活性化」が期待される結果も出てきました。
心に効くツボとは?研究の最前線と、セルフケアをご紹介します。

これは「NHK健康ch」の特集記事になります。

この特集には、

鍼灸治療を受けて3か月という、コリン・マシューズさん(48歳)は、最初、「鍼が薬の代わりになるなんてばかげている」と感じていたそうです。ただ、薬の副作用がつらく、他にやることもなかったため、試しに鍼灸をやってみたところ、その効果はてき面だったといいます。

『初めて鍼治療を受けた後、頭の中が前向きな考えで満たされ、とてもリラックスできていたんです』。

という、実際の体験された方のインタビュー記事も掲載されています。

現在、コロナ疲れで、気分が晴れない方が多くいらっしゃいます。

外出制限で、家にこもってストレスが溜まっている方も多いでしょう。

子供が家にいて、子供がかわいいとはわかっていてもイライラが募ってしまうママさんも多いでしょう。

気分が沈んでいると免疫力も下がるといわれていますので、そんな時には「鍼」をやってみませんか?

鍼は痛くない

痛いの嫌いだし・・・

という声が聞こえてきそうなので、鍼の痛みについてを記述します。

皆さんが想像する「はり」というと、「注射針」を想像するのではないでしょうか。

確かに、そんな「はり」を何か所もズブズブと刺したら想像しただけで痛いですよね。

でもご安心ください。

鍼灸で用いる鍼の太さや先端の形は注射針とは異なり、刺しても痛みはほとんどありません。

注射針の太さは約0.8mm程に対して、鍼灸で使われる鍼は0.2mm前後と注射針の約4分の1の太さです。

刺したときの皮膚の抵抗は少なく、痛みもほとんどありません。

また、当院で使用している鍼は、ディスポ鍼といって、使い捨ての鍼になりますので、感染に関してもご安心いただけます。

まごころ鍼灸整骨院での新型コロナ対策

グループ全ての院において、

    • 予約優先制によって、密集をさけます
    • 施術ごとの消毒
    • 施術ごとの手指消毒もしくは手洗いの徹底
    • 施術者の体調管理の徹底

施術に関しては、カーテンで区切られているか、個室対応もしておりますので、ご安心してご来院いただけます。

なお、キッズスペースを設けておりますので、お子様連れでも安心です。

当院の鍼灸師は皆技術を持ち合わせてた上で、話しやすい鍼灸師ばかりなので、何かお困りごとがございましたらどんなことでもご相談くださいませ。

ご来院の相談は電話以外にもLINEでも受け付けております。

各院のページにLINEのQRコードがありますので、そちらよりご相談ください。

少しでも不調のお役に立てれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事