こんにちは、センター南です。

桜が大分散り暖かい日が続くようになりましたね。

今日は人それぞれが持っている自然治癒力についてお話します。

『自然治癒力』とは、自分で自分の病気や怪我を治す能力のことで、本来誰で

もからだに備わっています。

また、人は痛いところがあると誰でも無意識のうちに手を当て痛みをどうにか

して和らげようとします。

これこそ『手当て』の語源です。

自分の手を使って患部を治そうと最初の治療法です。

指圧は『手当て』による治療法なのです。

手指などでツボを刺激して、不調な部位の気血の状態を調整し、流れを正常化し

ます。

それにより、自然治癒力が高まり身体が健康になり維持させることができます。

しかし、西洋医学の発達で病気になると『クスリ』頼ることが多くなりまし

た。

症状は取れたとしても自然治癒力は弱まり、かえって病気にかかりやすい体質に

なってしまいます。

指圧や鍼灸などによるツボ療法は自然治癒力を高めるのにかなり有効な手段で

す。

最近風邪やケガの治りが遅いなどがあれば指圧や鍼灸の治療を受けてみるのも

いいかもしれませんね、

何か気になることがあればまごころ鍼灸整骨院にご相談ください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事