ぎっくり腰の患者様が増えています。   

 ぎっくり腰の症状


疲労が重なったり、不意に不自然な動作をしたときに強い痛みが襲うことがあります。
一瞬にして強烈な痛みが走り、その姿勢のまま動けなくなってしまいます。

 ぎっくり腰の原因

腰や骨盤の筋肉、筋膜、じん帯、軟骨の損傷で激しい痛みが起こります。

特に多いのが骨盤の仙骨と腸骨の2つの骨からな仙腸関節に付着する軟部組織の損傷により起こるギックリ腰です。

理由として骨盤を支えている筋肉が弱くなることによるズレと仙腸関節を構成する

軟部組織そのものの機能を維持する栄養分の不足により、仙腸関節の体を支持する能力が低下し腸骨が後下方にズレるということが考えられています。

筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れや不用意に体をひねった、重いものを中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとった時などに起こりやすいで

す。

長時間同じ姿勢、無理な姿勢、筋肉疲労、女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで、

腰痛が起こる事もあります。

運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事もあります。

骨盤を支えている筋肉が弱くなる原因には腰周辺の筋肉が疲労やストレスの蓄積により徐々に弱くなっていったりします。

またビタミンCの摂取が不足すると仙腸関節の支持能力が低下し関節がズレてギックリ腰になってしまう場合が多いです。

 ぎっくり腰が起こりやすい状態

・日頃こら運動不足で筋力の低下を感じている

・やや肥満傾向にあり、腹や尻が出ている体型

・中腰姿勢の仕事が多く、つねに足腰が疲れている

・座位の仕事が多く、足が弱っている

・スポーツでのオーバートレーニングか、または準備運動不足

・筋肉を使う重労働が多い

・内臓下垂気味で筋力が弱い

・急激に重いものを持ち上げようとした

などなど、いろんな形でぎっくり腰になります。

最近少し暑さも和らいだせいか急に運動をされて

「ぎっくり腰になりました・・・(.;≖ิ:益:≖ิ;.) ヒィィィ」

と言う患者様が増えてきました。

お盆休みあけ、仕事を忙しくされ疲労がたまった方なども

「駅の階段で、降りようと思ったらやっちゃいました~(ToT)/~~~」

など

など(;一_一)

対処方としては、安静・・・ なんですが

まごころグループでは早期回復のお手伝いを致します。

基本的には2週間~3週間と言われておりますが、

できるだけ早く、負担なく生活できるように

まごころグループは完治までしっかりサポート致しますヽ(^。^)ノ

↓ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 健康法へにほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事