こんにちは、ゆりのき台院です!

 

ブログの内容が思いつかなさ過ぎてない頭を絞り上げていたら思い出しました。そしてタイトル。

交通事故ってテレビではよく聞くけど、

実際遭遇した時にはどうしたらいいの?!となったのでここに書かせていただきます。

 

 

先週のある日、交差点にあるガソリンスタンドから出ようとしたら同じ出口からもう一台出ようとする車が。

その車に先を譲って、私も続いてハンドルを右に切りながら道路へ出たところ、停止線を大きく超えて先ほどの車が停まっていました。

いけると思ったけど信号に引っかかってしまったのかな? と思う間もなく

前の車がゆーっくりバックしてきました。時間にして3~4秒でしょうか。

私一人しか乗っていませんでしたが、「嘘でしょ?嘘でしょ?」と口に出していました。

そのままゴチンとぶつかって、やっぱりかーと思いました。

ケガとかは全くありません。ご心配なく。

 

事故に遭ったら➀  警察に通報しましょう。

当たり前と思うかもしれませんが、警察に通報しましょう。

本来加害者が電話をかけるのが一般的なようですが(被害者がケガで動けない場合があるので)、

今回は私が通報しました。

というのも、ぶつかってきた車の運転手さんは「通報します?」とおっしゃったからです。

まぁ確かに、ゆーっくりぶつかったもんだからお互いケガも無ければ車も傷ついてもいませんしね。

しかし、後から車に不調が出た際に事故証明がないと整備・点検の際にお金を払わなければいけないかも。

どんな小さな事故でも警察に通報した方が良いです!

(保険会社への連絡も忘れずに!)

余談ですが、警察官の友人に「軽く事故ったらまずどうすればいいの?」と質問したときに

「なるほど~」と思ったことが今回役立ちました。

その友人曰く、「車が動かせるなら、近くの店の駐車場に入れてくれ」とのこと。

車をそのままにしておくと二次被害防止のために交通整理が必要となり大ごとになるそうです。

もちろんケガ人がいたり車が大きく破損しているときは別ですが。

 

事故に遭ったら② 病院に行きましょう。

私の場合は単なる物損事故扱いなので必要ありませんでしたが、少しでも身体に違和感がある場合は迷わず病院に行きましょう。

特によくある追突事故の時は、首が思いっきり前後に振られるいわゆるムチウチが発生することが多いです。

ムチウチは事故後数時間~数日経ってから症状が出てくることがあります。

早めにしっかりとした処置をしておかないと症状が一生残ることもあります。

 

事故に遭ったら③ しっかり治療をしましょう。

病院で診断書をもらったら、どこでどういう治療をしていくか考えましょう。

もしムチウチの診断が出たら診断書には「頸部捻挫」とか「外傷性頚部症候群」と書かれているはずです。

前述の通りムチウチはしっかり治療を行わないと症状がしつこく残ります。

整形外科に通院するのも良いですが、交通事故治療を得意とする整骨院でも治療を行うことができます。

もし整骨院での手技療法での治療を希望する場合は、保険会社に「〇〇整骨院で治療します。」と連絡すれば大丈夫です。

 

いかがだったでしょうか。事故の時の参考になれば幸いです。

また当院は交通事故治療認定院となっております

無いに越したことはありませんが、「もしも」のときは当院までご相談ください

 

LINEでもお問い合わせいただけます↓
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事