こんにちは! 
まごころ鍼灸整骨院の京王堀之内院です!!

今日はツボの小話を致しましょう。

当院の院長は柔整師なのですが、先日、院長にこんな質問をされました。
院長「あのさ、ツボって、訓読みと音読みが混ざってるじゃん。何で? 中国からきた治療なら、フツー全部、音読みになるんじゃないの?」
深沢「あれ、そういえば…」
そう、確かにツボには「足三里(あしさんり)」)や「頭臨泣(あたまりんきゅう)」など、訓読みが入っているものもあれば、「内関(ないかん)」や「合谷(ごうこく)」など、訓読み一辺倒のものがあります。
院長「鍼灸の学校で教わらなかったの?」
深沢「そういえば教わったような…(遠い目)」
そこで復習もかねて調べてみました。
深沢「院長! さっき話したツボの読み方なんですけど、あれって、頭とか足とか手とか、身体の一部が入っているものは、それらを訓読みにし、それ以外のツボは音読みにするって、江戸時代以降に広まったらしいですよ! 何でそう統一されたかは、よくわかってないそうです」
院長「(忙しかった為、すでに興味なさそうに)あ、そうなんだ。あれ? でもじゃあ中国じゃあ、違う読み方なの?」
深沢「-そういうことになりますね」
そう、専門学校で東洋医学を学んだだけでは、中国旅行に行っても何も話せないのさ、というオチでした。

みなさんも、ツボや施術における、「あれ? 何でだろう?」という謎があれば、教えてください!
全力でこたえていけたらな、と思います(^_^)/

LINE@始めました。お友達登録お願いします
友だち追加

現在、センター南院が上階からの漏水のため電気系統がすべて使用できず臨時休業中です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何かありましたら、小机院、三ッ沢下町院へご連絡ください。初診料かからずご利用いただけます。 励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。