こんにちは。 今日は台風本州上陸で大雨ですね。 そして今朝第31回リオオリンピックの閉会式が行われましたね。 南米で初開催となる17日間の祭典に幕が閉じました。 本当に激闘の毎日で、その瞬間が観たく寝不足になっちゃいました。 選手の皆様多くの感動をありがとうございました。 そして選手を支えて下さったスタッフやボランティアの皆様お疲れ様でした。 今回の日本の成績は金12、銀8、銅21の計41個のメダルを獲得。 目標の金14個には届かなかったのですが、メダルの総数は世界7番目で、日本史上最多となりましたね。 五輪旗の引き継ぎ式では、東京都の小池百合子知事が旗を受け取り、4年後の東京オリンピックが本当に楽しみですね。   数ある種目を観ていたのですが、気になる選手がいました。 水泳界の大スター、アメリカのマイケル・フェルプス選手です。 大会中に、体に浮き上がる、青紫色の丸いアザがメディアからも注目を集めていました。 中国などでは日常的に行われているカッピング(吸い玉)療法の痕ですが、まだ日本でも馴染みが薄い。 カッピングは体にため込んでしまった毒素を解毒、排出し、 身体が持つ力を本来の力に取り戻して機能を正常にする療法です。 新陳代謝を上げて健康な身体や美しい肌に導く効果があります。 マイケル・フェルプス選手もその効果を狙って行ったと思います。 世界のトッププレイヤーも行っているカッピング、まごころ鍼灸整骨院でも体感できます。 気になる方は是非行ってみてください。 世界のトッププレイヤーを体感できるかもしれません(笑)。
おすすめの記事