こんにちは、センター南です。 今日は、とっても暖かかったですね! とても過ごしやすかったと思いますが、それはいいことばかりがなかったりします! 今日の最低・最高気温の差、いわゆる寒暖差が大きくなる日でした。 そのことは、予想以上に身体に負担が掛かる場合もあるのです!! いつも一定の気温ならば、しっかりとそれに対応した衣類を着る、暖房を入れる、 などによってあまり身体には負担がかからないものですが、突然、気温が上下することで 血流が急激に変化したり、筋肉が凝り固まってしまいがちです。 つまり、寒暖差の激しい環境下にいると、その気温差に対応しようとして、私たちの身体は 必要以上にエネルギーを消費してしまいます。 人間の身体は本来、寒い環境では熱をつくり、暑い環境では熱を逃がそうとします。 よって、気温差のある環境にいると、頻繁に熱をつくったり逃がしたりするため、 身体はより多くのエネルギーを必要とします。 エネルギーを過剰に消費してしまうことでいつも以上に疲労が蓄積し、自律神経が乱れ、 自分が意識している以上に疲労やとくに今の時期は冷えが急速に進行する危険性があります。 また最近は空調が完備された環境が増え、寒暖差への耐性が弱い人が増えている傾向が見られ、 さらにこの寒暖差の疲労は冷えだけではなく、肩こり、めまい、顔のほてり、食欲不振など、 さまざまな不調を連鎖的に引き起こす可能性が高くなり、ひどくなると「ぎっくり腰」、「寝違い」 になってしまう場合もあります。 それを防ぐには、もちろん普段の生活習慣等が、大切ですがすぐに出来る予防法としては、 1、身体を冷やさない。 2、朝、起き上がる時、ひざ関節や股関節を使って起き上がる。 3、同じ姿勢を長時間続けない 。 などを注意して頂ければと思います。 しかし、なんといっても一番おすすめなのは、身体に違和感があればご来院し、ご相談して頂くのが 一番かと思います!!ご来院お待ちしております。!!
おすすめの記事