皆さんこんにちは!
まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院は今日も元気に営業中です(*^^*)

今日は寝違えに有効なツボをご紹介いたします!
一般的に「寝違え」と呼ばれる症状の多くは、首周辺の筋肉が軽度の肉離れを起こしている状態を指します。長時間にわたって首がおかしな方向に曲がったままになっていると、首の筋肉が部分的な阻血状態になり、筋肉も凝り固まりやすくなります。そのような状態で起床時に急に頭首を動かすと、寝違えが発生するのです。

【有効なツボ】

肩井(けんせい)

位置:乳頭に手を置きそこから肩の上縁まで移動させ、その周辺を指で押してコリを感じる部位。
効能:肩こり・頭痛・歯痛・五十肩・鬱・自律神経失調症

曲池(きょくち)

 

位置:手のひらを上にして、肘を曲げると、肘の内側に横ジワができます。その横ジワの線上で、親指側の先端にあります
効能:胃腸機能やホルモンバランスを整える・血流を促す作用・肌荒れ・にきび・吹き出物・乾燥肌・肩から腕にかけての痛み

太渓(たいけい)

位置:内くるぶしのすぐ後ろ
効能:冷え・便秘・婦人科疾患・更年期障害・肩こり・目に疲れ・寝違え

崑崙(こんろん)

位置:外くるぶしのすぐ後ろのくぼみ
効能:首コリ・頭痛・目の疲れ・腰痛・背中の筋肉(起立筋)の痛み

大椎(だいつい)

位置:首の付け根の後ろを触り、大きく飛び出た骨の真下
効能:免疫力を上げる・寝違え・のどの痛み・自律神経の乱れ・鼻水

天柱・風池(てんちゅう・ふうち)

位置:首の後ろを通っている2本の太いすじの外側にあるくぼみ
効能:肩こり・抜け毛予防・疲れ目・耳鳴り・めまい・低血圧症・頭痛
風池→眼精疲労・自律神経失調症・肩こりなど

外関(がいかん)

位置:手の甲を上にして、手首の中心から肘よりに指幅3本(人差し指~薬指)ずれたところ
効能:頭痛(特にこめかみ部分や、側頭部)・腕の関節の痛み・手のこわばり・肩こり・耳鳴り・難聴・眼精疲労・乗り物酔い・めまい・腰痛・寝違え

 

 

急性期は温めたり、無理に動かしたりせず、冷やして安静にしてましょう。
ある程度、炎症が治まってからマッサージやお灸で患部の血流を促していきましょう☆

院内はベッドの消毒、換気などの感染対策をしっかり行っておりますので、辛くてどうしようもないというときは安心してご来院ください!

↓LINEでもお問い合わせいただけます!

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事