こんにちは!三ツ沢下町院です。

最近、「腕が上がりにくい」「肩周りがダルい」という症状に心当たりはありませんか?
スマホやタブレット・パソコンを、長時間座った状態で操作していませんか?

【巻き肩】とは…簡単に説明すると、肩甲骨が前に出たままの位置で固まり、さらに内側にねじれた状態のことを言います。

デスクワークというよりも長時間スマホを使用する時の姿勢が原因で起きる巻き肩として、近年は【スマホ巻き肩】が話題になっています。

スマホに夢中になっていると、長時間顔を下に向けた状態になり、頭の重さを支えるために体は前傾姿勢になり、肩甲骨が開いて胸筋が圧迫されます。
また首の後ろ側がこわばり、コリを感じるようになります。

放っておくと肩の周囲の筋肉が固まり、「寝返りできないほどの痛み」「肩周りのしびれ」「頭痛」「息苦しさ」「自律神経の乱れ」を併発することもあるので要注意です。

まずは簡単なストレッチで、固まった関節や筋肉をのばしてあげましょう!

~巻き肩対策ストレッチ  その1~

① 両肩をギューッと持ち上げ、ストン!と力を抜いて落とす。
② 両手のひらが正面を向くように腕をひねる。
③ 胸が開いていることを意識しながらさらに外側に腕をひねり、肩甲骨を後ろ側に引きよせて、気持ち良いところでゆっくり5秒キープ。
④ スッと力を抜き元に戻す。
⑤ ①~④を数回繰り返す。

この時、しっかり呼吸をしながらおこなう事がポイントです。
1日の回数は特に決めず、毎日継続する事を心がけましょう!

~巻き肩対策ストレッチ  その2~

①指先を両肩に置いたまま、肩を大きく回す。
②ひじを耳の位置まで上げることを意識しながら、顔を上げて内回し・外回しをそれぞれ5回ずつおこなう。

この時、腕の付け根だけを回すのでなく肩甲骨を大きく回す事がポイントです。
職場でも仕事の合間などに実践できるのでオススメです!

巻き肩の改善には、正しい姿勢を維持する事が大切です。
痛みの出た部分だけを考えるのではなく、身体全体の骨格と筋肉のバランスを整えることが重要です。

骨盤が締まり歪みが整った状態になると、身体の重心が内側に集まり、楽に良い姿勢を保てるようになりますよ。

是非一度、当院にご相談ください 。

症状に合わせた自宅でのセルフケアもご提案させていただきますので、定期的な施術と合わせて、快適な毎日を送れるよう一緒に取り組んでいきましょう!

皆さまのご来院お待ちしております。

現在、センター南院が上階からの漏水のため電気系統がすべて使用できず臨時休業中です。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。 何かありましたら、小机院、三ッ沢下町院へご連絡ください。初診料かからずご利用いただけます。 励みになりますので、ワンクリックお願いします!
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

まごころ鍼灸整骨院では神奈川区・港北区・都筑区で柔道整復師・鍼灸師を募集しております。
詳しくは「横浜市柔道整復師求人/まごころ鍼灸整骨院」をご覧ください。

もし、交通事故にあってしまったら・・・
横浜でのむちうち等の交通事故治療はお任せください!

スポーツ外傷やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療は「まごころ」にご相談下さい。