こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

 

突然ですが、皆さんは鍼灸やほぐし治療の後に

治療を受けた箇所が痛くなったり、身体がダルくなった経験はありますか??

大抵の患者様が「揉み返しがきて」と仰いますが

もしかしたらそれ、、好転反応かもしれません!!

 

痛みが強くなってるから悪い反応と思われるかもしれませんが、好転反応とはカラダの悪いところが回復する過程のことです。

治療をすることで、今まで滞っていたリンパや酸素の流れが良くなり、一気に毒素や老廃物が身体中を駆け巡ることで、好転反応の症状が起きるようになります。

つまり、好転反応の症状がおきるのは回復の証だといわれています。

 

※ただし、厚生労働省は好転反応には科学的根拠がないと明示しています。そのため、2〜3日経っても症状が治らなかったり、症状がさらに悪化したりする場合にはすぐに医療機関に行くようにしましょう。

 

好転反応の種類と症状と対策

①弛緩反応

筋肉がほぐれることで、縮まっていた筋肉に今まで溜まっていた毒素や老廃物などが、巡回することを弛緩反応といいます。

〈症状〉

倦怠感、疲れ、発熱

〈対策〉

体を横にして休むようにしましょう。水分を取ると排毒の効果が高まるため、オススメです。

※この際、カフェインやアルコールの摂取は控えて下さい。

 

②過敏反応

治療した箇所に痛みやかゆみ、炎症などを起こすといわれています。

〈症状〉

体全体の痛み、かゆみ、汗をかく。治療した箇所の炎症、かゆみ、痛み

〈対策〉

体を横にして休むようにしましょう。それでも痛みや炎症などが消えない時は病院へ足を運ぶようにしましょう。

 

③排泄反応

体に溜まった毒素や老廃物を体外に排出しようという動きのことです。汗、尿、便、皮膚に反応が現れるといわれています。

〈症状〉

吹き出物、発疹、ニキビ、尿の色が濃くなる、下痢が起きる

〈対策〉

こまめに水分を取るようにしましょう。水分を大量に取ることで体外に老廃物や毒素を運び出す運動を促してくれます。

 

④回復反応

血行の悪かった所が改善され、うっ血していた(血液が止まっていた)汚れた血液が一時的に回り始める時にあらわれることで起こる症状といわれています。

〈症状〉

発熱、吐き気、腹痛、だるさ

〈対策〉

体を横にして休むようにしましょう。2〜3日経てば良くなると言われてますので、万が一2〜3日経ってもよくならない場合はすぐに病院に行くようにしてください。

 

 

何度も言いますが、2〜3日経っても痛みやだるさ等が消えないようでしたら、医療機関への受診をお願い致します。

 

☎0426734649

八王子市館町2300-1 フードワンゆりのき台

友だち追加

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は

①ご予約希望日 ②希望日(時間帯) ③希望メニュー

④日中ご連絡が取れる電話番号 ⑤お名前

を書いて送って下さい。

その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事