こんにちは!まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です(^○^)

更年期障害とは?

更年期の間に起こる不定愁訴を更年期障害と呼びます。

不定愁訴とは、めまい・吐き気・頭痛・腹痛・不眠など

身体の状態に不調が明らかに出ているのに、検査をしても異常が見つからず、特定の原因がわからないものを言います。

更年期とはどの期間を指すのかというと、閉経前後の5年間合わせて10年間のことを指します。

日本人の平均の閉経の時期が50歳くらいなので、45歳~55歳くらいの間を更年期と呼びます。

更年期障害はなぜ起こるのか?

卵巣機能の低下

更年期はいると卵巣機能が減退していきます、卵巣機能の減退が始まると、ホルモンのバランスが乱れます。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経の中枢に影響を与えてしまい更年期障害を引き起こす原因になります。

環境の変化

更年期に入る時期は、家庭や職場など生活する環境にも変化が起きる時期です。

例えば、子供の受験や自立、親の病気や介護が始まったり。職場では責任ある立場に就任。自分に対する老後の不安や病気など。

様々なものが重なりやすい時期で、大きなストレスとなって女性に降りかかります。

これらも原因で更年期障害を引き起こす原因になります。

性格的問題

几帳面だったり、神経質、ネガティブ思考、責任感が強い方は更年期障害を引き起こしやすいと言われています。

更年期障害はどんな症状が現れる?

ほてり・多汗・のぼせ・冷え・動悸・息切れ

怒りやすくなる・憂鬱・不安・めまい・頭痛・耳鳴り・不眠

吐き気・喉が渇く・食欲不振・嘔吐

皮膚の乾燥・疲れやすい・腰痛・肩こり・頻尿・尿漏れなど、

更年期障害は多種多様な症状が現れます。

現れる症状も一定ではなく、強く現れる日もあれば症状が落ち着いてる日もあったりして、

その症状にはかなりの個人差が診られます。

更年期障害の治療

更年期障害は時間が経てば消えていきますが、

更年期障害があらわれている時は、とても辛くて長く感じます。

少しでも辛い症状を緩和するために、当院では自律神経を整える鍼とお灸での治療をオススメしています。

問診時にしっかりとお話を聞いて、その方に合った治療をご提案いたしますのでお悩みのある方はご相談ください!!

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、Twitterもやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください!

友だち追加

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事