こんにちは。港北区の日産スタジアム近くにある小机院です。

梅雨入り前なのに暑い日が多いですね。水曜日からまた、気温が上がるようです。

頭痛もちってわけじゃないのに、雨が降ると頭が痛い。そんな雨降り頭痛に効く食べ物があるらしいですよ。
ツボをおさえて、つら~い梅雨シーズンを上手に乗り切りたいですね。梅雨どきの頭痛の原因については、医学的にまだ解明されておらず、色々な説が出ている
次の2つの説が有力であるといわれている。

(1)気圧が変化することによる、血管の収縮

(2)気圧の低下で血圧が下がり、血管が拡張

天気が悪くなることで、体温が低くなり、自律神経も乱れていき、頭痛につながるともいわれている
雨が降るとなぜか頭が痛くなる…この状態は、東洋医学でいう「湿邪」と呼ばれるもの。梅雨は気圧や湿度の変化で、体内に余分な水分がたまりやすくなり、頭痛という不調となってあらわれる
ほかの不調としては、消化不良、手足の冷え、だるさ、むくみなど
「湿邪」を防ぐのに、汗を出しやすくする薬味(生姜・ネギ)や、体内の余分な水分を出すトマトなどがオススメ
避けたほうがいい食べ物もある

かんきつ類、パイナップル、ソラマメ…これらは、摂取量が多すぎると片頭痛を引き起こすもとになってしまう危険がある
またワインやチョコレート、コーヒー、ハム、発酵食品の食べ過ぎに注意したい
急な痛みには、ツボ押しも効果的かも!

【手三里(テサンリ)】
肘の曲がり目から親指幅2本分下、親指側。

【血海(ケッカイ)】

DSC_0564

膝のさらの骨の上あたりから親指幅2本分内側に入ったところ。
生理痛や貧血にもここを押すとよい。
頭痛や背中の痛みやこわばり、上半身の不快すべてに効果が得られる。

是非、お試しください。
鍼灸治療と一緒に行いましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事