こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院 小机院です(*^-^*)

朝晩の冷え込みが強く、なかなか布団から出られない日が多くなってきました…

体が冷えてツライ!!という方も多いのではないでしょうか?寒くて布団から出られない人のイラスト(男性)

そこで、今回は体を温める温活のお話をしていきたいと思います!!

 

体が冷えるとどうなる?

現代人の平熱はこの50年で約1度低下したとか…。ちょっとした不調に思われがちな冷えですが、実は万病のもとになります。

体温が1℃低下すると代謝が10%~20%低下、免疫力は30%低下するといったデータもあります。

代謝が落ちれば、むくみや便秘、肥満、肌荒れなどにもつながりますし、免疫が落ちれば様々なウイルスの影響を受けやすくなります!!冬将軍のキャラクター

たかが冷えと侮らずに、しっかりと対策を取ることが重要となります!!

 

冷えが引き起こす不調

頭髪・・・抜け毛、白髪、薄毛

肌・・・くすみ、たるみ、シワ、ニキビ、乾燥肌など

目・・・ドライアイ、疲れ目、かすみ

こころ・・・不眠、いらいら

その他・・・肩こり、腰痛、頭痛、だるさ、関節痛、便秘、むくみ等

 

例として挙げただけでも、こんなにも多くの不調を引き起こしています!!まさに「万病のもと」と言えます!

 

上手に身体を温めるコツ

ただ闇雲に温めるのではなく、効果の高いポイントを知って上手に体温アップしましょう!!

特に首、手首、お腹、太もも、お尻、足首などは大きい血管の通り道となるため、高い効果が期待できます!

使い捨てカイロのイラスト

○筋肉をつけて内側から温める

 体から発生する熱の60%は筋肉で作られます。その中でも太ももの筋肉は筋肉量が多い為、ここを

 鍛えることが熱を作るうえで最も効率的です!!

 ウォーキングをしたり、何かしている時に「ながらスクワット」をして、筋肉をつけるよう心がけましょう!

 

○ゆっくり入浴スクワットをしている人のイラスト

 汗が出ると体温が上がり、免疫力も増加すると言われています。

 10分くらい心地よく浸かって汗が出るくらいの、自分なりの適温のお風呂で

 体の芯から温まりましょう!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事