こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です(・∀・)

本日も時間を短縮し、診療しております。お身体がつらい方は、お気軽にご相談ください!

個人的なお話になりますが先日、鍼灸師の免許を取って1年〜2年目程の頃の写真を見つけました。

『あれ?…わたしこんなにつり目だったか?いや、それだけじゃなくて……今より痩せてるぅー!!! 』

ひとりでぎゃーぎゃー騒いでいると、娘(2歳)が不思議そうな顔をしていたので、写真を見せてみました。しかし興味が無いようで、チラッと見て返されました笑

 

さて、本日のブログは昔の写真とは全く関係ありませんが、「眼精疲労」についてお話していきます^ ^

 

どうして眼精疲労になるの?

PC、スマホ、テレビ、ゲーム、本など、ステイホーム期間中使用する時間が増えて、患者さんの中にも眼精疲労症状を訴える方が増えました。

人間は、80%以上視覚から情報を得ていると言われています。起きている間常に無意識に目を使い、PC、スマホなどのVDT機器(Visual display terminals)でさらに酷使している状態になります。

目が継続的に疲れてしまっている状態を《眼精疲労》と呼びます。

VDT作業により、画面を一定時間見続けると、眼球を動かす筋肉と目のピントを合わせる筋肉が使われ続けて疲労してしまいます。

本来疲労は、眠ったり休息を取れば人間に備わっている回復能力で疲労は回復されていきますが、毎日同じように使い続けてしまうと、回復能力が追いつかず、筋肉の疲労が溜まり、筋肉のコリに繋がってしまいます。

それにより、目につながる首肩の筋肉が硬くなり肩こりになったり、かすみ目、頭痛、疲れ・老け顔、などの症状が出てきやすくなります。

さらに、まばたきの回数も減り、目を覆っている涙も蒸発しやすい環境を作ってしまい、ドライアイにもなります。

実際、VDT作業をしている方のまばたきの回数を観察している映像を観ましたが、長い人だと2分間程まばたきしていない人もいました!ビックリです!(・Д・)

 

眼精疲労もまごころ鍼灸整骨院にお任せ!

 

当院では、眼精疲労の状態や患者さんに合わせて治療メニューの提案をしております。

状態に合わせ、ほぐしメニューや《鍼灸治療》を行い、痛みや不調を治療します。原因が姿勢にあれば、《猫背矯正》をして負担のかかりにくいお身体づくりもサポート致します!

眼精疲労、疲れ目でお悩みの方は、八王子市京王堀之内駅近くの、まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院へご相談ください( ´ ▽ ` )ノ

 

え!?スマホで老眼!?若くてもなるの!??こちらの記事もおすすめです(^^)

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院でTwitterやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください( ´ ▽ ` )ノ

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事