こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です(^^)

 

緊急事態宣言の解除がいよいよ迫ってきましたね。元の生活が完全に戻る訳では

無いですがこれからも感染予防をして普段の生活を

少しずつ取り戻せていければと思います!

 

ずっと自宅に居て身体がなまっている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

そうすると肩こりの原因にもなりえます。

今回は「肩こり」についてお話します!

なぜ肩こりは起こるのか?

肩こりは人口の10人に1人いると言われています。

原因ですが、何か一つだけあるという訳ではなくて様々な原因があげられます。

まず、代表的な原因として

・姿勢

・ストレス

があげられます。

姿勢に関しては「猫背」が原因で肩こりを感じる事があります。

猫背になると首が前に出たり、肩が内巻きになったりして肩や背中の筋肉にテンションがかかり続け

肩が凝ってきてしまうわけです。

そう考えると、日常生活上では様々な原因が考えられますよね。

 

たとえば、「デスクワーク」の方。

長時間座った状態で、作業に集中して

首が前に出た状態が続いてしまっている方も多いのではないでしょうか?

当然、頭の重みを支える為に首と肩には相当な負担がかかってしまいます。

また、集中するあまり眼精疲労を伴ってしまうとさらに首と肩の筋肉の緊張が増してしまいます。

 

続いて考えられる原因は「ストレス」です。

多かれ少なかれ会社や学校などで私達は何かしらのストレスを受けています。

また、精神的なものだけでなく

寒さ、暑さなど肉体的なストレスを受けていても身体の筋肉が緊張してしまい肩こりを助長してしまいます。

 

ストレスがなぜ肩こりと関係しているかといいますと、自律神経が関係しています。

自律神経には身体を興奮状態にする「交感神経」と身体をリラックスさせる「副交感神経」があります。

ストレスを受けると「交感神経」か活発になり血管を収縮させてしまいます。

そうすると緊張している筋肉へ栄養がいかなくなり、老廃物の回収なども上手くいかなくなります。

すると肩こりのような症状が表面に現れてくるわけです。

このように、肩こりには様々な原因が

あり、大抵の場合はこういった原因が幾つも重なって症状が現れます。

肩こりの対処法

肩こりを軽減させる方法として「温める」ことが大切になります。

理由としては、先ほど交感神経が活発になると血管は収縮すると言いましたよね?

 

その為、温めることによって血管が拡張して筋肉に血液が供給され、それと同時に溜まっていた

代謝産物を押し流せます。

 

温める方法ですが、これは入浴が1番効果的です。

温湿布でも良いのですが、温められる範囲が表面的な為、入浴がより効果的ではあります。

温湿布を貼る場合は原因である肩だけでなく背中や太ももの裏、ふくらはぎにも貼ると効果的です!

何故かと言いますと、背中側の筋肉全体が引っ張られて硬くなっている可能性がある為です。

入浴方法にも注意点があります。

それは、お湯に浸かった際に後頭部を

バスタブの淵で首を反らすように置いてしまっている状態です。

首を後ろに倒すことによって首の神経が圧迫してしまいます。

その為、せっかく肩こりを治そうとしているのにかえって症状が悪化してしまう可能性もある為、気をつけてくださいね!

根本的な治療

温める事は重要ですが、一時的に良くはなっていても、また再発してしまう可能性も大いにあります。

その原因は骨格に問題がある可能性が高いです。

当院では根本的な治療も行っております。

先ほど、ご説明した「猫背」を矯正する事によって根本的な改善が期待できます。

根本的な治療をして「肩こりのない」身体作りをしていきましょう!

 

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院でTwitterやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください( ´ ▽ ` )ノ

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事