こんにちは。センター南院の兵頭です。

11月もあっという間に月末になり、今年も残すところ一ヶ月とちょっとですね。

月日が経つのは本当に早いものですねぇ~(^_^;)

患者様の中にはもう年賀状を書き始めたと言う方もいます。

手書きの為、肩も凝るし目が疲れるという声を耳にしました。

そんな今日は目の話をします。

●毛様体筋のコリをほぐす

緊張して疲れた毛様体筋のコリをほぐすことが、視力アップのカギとなります。

毛様体筋が柔軟になれば、水晶体の調節がスムーズになるからです。

長時間目を使う、睡眠不足、メガネ、コンタクトの度が不適切など、毛様体筋を疲れさせる原因を取り除き、疲労回復をしましょう。

●視力が下がるメカニズム

眼は、カメラのレンズの働きをする水晶体の厚さを調節して、ピントを合わせています。

水晶体の調節をするのは「毛様体筋」という筋肉で、近くを見るときにはこの筋肉を収縮して、水晶体を膨らませてピントを合わせます。

ゲームやパソコンのように、近くをじっと長時間見続ける場合、毛様体筋は緊張した状態が続き、遠くを見るときでも水晶体が厚くなったまま戻らなくなり、遠くのものがぼやけて見えてしまうのです。

①眼を休める

長時間の作業は、1時間に10分程度の休憩をとりましょう。

眼をしばらく閉じてからまばたき。

首や肩のストレッチ。

眼を温めるor冷やす。

疲れ目は温、充血は冷、温冷交互で血液循環をアップ。

ツボを刺激する。

②生活習慣の改善

作業中は正しい姿勢で。

パソコン、本などとの距離は十分とる。

毎晩6~8時間睡眠。

電気を消して寝る方が眼に優しい。

遠くと近くを交互に見て毛様体筋の筋力アップ。

③生活環境の改善

照明の種類と明るさを適正に。

古い照明の交換。

ちらつきは疲れ目の原因。

メガネ、コンタクトのレンズの度が合っているか定期的にチェック。

④食生活の改善

アントシアニン(ブルーベリー、カシス、イチゴ)、

ベータカロテン(しそ、モロヘイヤ、ニンジン)ビタミンB1

(豚肉、ひまわりの種、グリンピース)などの

眼に効く栄養素を多く含む食品を日常の生活に取り入れて、疲れにくい眼をつくる。

眼に効くツボ

晴明、四白、風池、えい風、合谷などがあります。

う~ん、たくさんありますね!日頃から習慣にしていきたいものですね!!

 

ワンクリックお願いします!

にほんブログ村 健康ブログ 健康法へにほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へにほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事