こんにちは!まごころ鍼灸整骨院、京王堀之内院です!

昨日は「夏至」でしたね。東洋医学の観点からいうと「夏至」は一年のうちでもっとも「陽」の気が盛んになる日で、古代より中国では一番はやく訪れる「祝日」として家族でお祝いをする風習があったそうです。

さて、私も含めマスク生活も板についてきた(?)今日この頃ですが、患者さんとお話しをするなかで、最近、よく耳にするのが、口元や顎まわり、頬など、「マスク」で覆われたエリアの「肌荒れ」についてです(>_<)

そこで本日はマスクを長期間使用するとどうしてお肌が荒れてしまうのか、またその対処法についてお話ししていきますね!

マスクによる肌荒れの3大原因

①摩擦

マスクを外したり、着けたりを繰り返していると、肌に摩擦が生じ、角質は剥がれやすくなってバリア機能が衰えます。それが肌荒れや乾燥の原因になります。

②乾燥

意外だと思われるかもしれませんが、長時間のマスクの着用は肌の乾燥を招きます(>_<)

なぜならマスクを外した瞬間、マスク内の水分が一気に蒸発し、それと同時に肌の水分を奪うためです。

マスク着用時は潤っているように感じても、マスクを外した途端、肌がヒリヒリしたり突っ張った感じがするのはその為なんです((+_+))

乾燥した肌は美肌を害する最近の侵入を容易にし、吹き出物やヘルペス、湿疹が起きやすくなります。

③ムレ

乾燥とは真逆の状態ですが、会話やくしゃみ、咳などで飛び散った雑菌がマスク内で繁殖し、肌荒れを招くことがあります。

マスクによる肌荒れの予防法

①家ではマスクを外しましょう!

②口元の汗をこまめに拭きましょう!

③洗顔を丁寧におこないましょう!

④化粧水、乳液、美容オイルなどでしっかり保湿をしましょう!

まずはなによりも肌を清潔に保って、しっかりと保湿することが大切です。

それから適切なサイズのマスクを着用するように心がけましょう。サイズが小さすぎると余計な摩擦を生みますし、大きすぎても、付け直すことで余計な摩擦を生みます。

当院で肌荒れ治療

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、美容鍼にて患者さんの肌荒れ改善に取り組んでおります。

とくに乾燥肌の治療に特化した「クレオパトラコース」では、超音波治療やMCR保湿パックなど特殊な技術と機械を用いて、お肌のなかから潤いを呼び覚まします!

長期間のマスクの装着による肌荒れでお悩みの方はぜひとも当院にお越しください!

お待ちしております☆

 

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院では、Twitterもやってます!

最新情報などツイートしています!!

もしよろしければフォローよろしくお願いします(^^)

QRコード

LINE@でご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

初めての方は、お名前と初診である旨をお伝えください( ´ ▽ ` )ノ

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F
まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事