連休もいただき元気に復帰してまいりました。

皆さんに連休中どうしてた?どっか行った?なんて聞かれますが、

今回はどこも行かず家でのんびり過ごしました。

家で文字通りゴロゴロしていました。

寝正月ならぬ寝ゴールデンウィーク。(ゴロ悪)

どうも三ッ沢下町院です。

 

長い時間横になっていると頭痛くなる事はありませんか?

風邪で横になっていると治った後にも頭痛いなんてこと経験ありませんか?

それ、首の骨の歪みが原因かもしれません。

頚椎

四足歩行の動物は四つん這いの状態で顔を上げた状態がちょうどいいような骨格になっています。

一方、二足歩行の人間は立って直立している状態の方が安定する骨格になっています。

仰向けに寝ていると頚椎が後方に引っ張られて歪みが生まれます。

頚椎の中を通る動脈が圧迫を受けると、頭への血流が悪くなって痛みを引き起こします。

 

このような痛みには首の骨格調整が有効です。

当院の調整方法はポキッとならすような物ではなく

ゆっくり動かしながら歪みをとっていくソフトなやり方です。

可動域をひろげて、頭への血行が良くなり、頭痛が治まっていきます。

 

頭痛、首の痛みにはまごころの首の骨格調整をお試しください。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事