こんにちは!

まごころ鍼灸整骨院京王堀之内院です😊

 

今日もしっかり換気をして、気持ちをリフレッシュしましょう!

今日は骨盤の傾きと腰痛についてお伝えしたいと思います。

通常骨盤は少し前に前傾しています。

骨盤は人間の身体の土台となので骨盤が歪むと身体全体のバランスが崩れ、様々な影響が現れたりします。

建物を建てるときにも土台がしっかりしていないと不安定で心配ですよね。

多くのかたが日常生活の中での姿勢不良や仕事などで骨盤に負担がかかり歪みが生じてしまいます。

骨盤の傾きには前傾型と後傾型に別れます。

まずは骨盤前傾型についてお話しいたします。

先ほどお伝えした通り、骨盤は元々少し前に前傾しています。この理想角度は10°と言われています。

この理想の角度より更に前傾している方を骨盤前傾型とします。

骨盤が前に傾きすぎるとどうなるか?

骨盤は身体の土台になりますので、骨盤が前に多く傾けば上半身も前に倒れます。

上半身が前傾した状態では日常生活は送りにくいので、背中から腰の筋肉が無意識のうちに後ろに押し戻しているのです。

 

↑(とっても絵心が無いです笑笑)

自分でも無意識のうちに、背中から腰の筋肉は常日頃から後ろに引っ張っているので、腰は反っている状態になり、筋肉にストレスがかかり、硬くなって痛みの出やすい状態になってしまっています。

また、上半身だけでなく骨盤が傾くことで太ももの後ろが引っ張られ、足回りにも大きく負担がかかってきます。

骨盤の傾きによってポッコリお腹になってしまう方もいます。

慢性的な腰痛をお持ちの方は骨盤が前傾していることが多く、姿勢の歪みに気づかないで生活をしている間に、骨格の歪みが大きくなってしまうので少し筋肉をほぐしてもすぐ元に戻ってしまうのです。

痛みの出ない身体を作るのには、筋肉をほぐすだけでなく骨格の歪みを戻して筋肉に負担がかからないようにしなくてはいけません。

自分の身体の歪みは、なかなか自分で気づくことは出来ない方が多いと思います。

自分の身体を良い状態にしていくのに大切なのは、まず「自分の身体を知ること」です。

自分の身体の状態を知ることで、普段気づかない自分の癖などを意識して戻していくことができます。

もちろん私達も日常生活で気を付けて頂きたいことや、効果的なストレッチなどを教える事ができます。

当院は姿勢分析も行なっていますので、自分の身体について気になる方はご気軽にご相談ください!

  

当院ではコロナウィルス感染防止のため、手指消毒、ベット消毒、院内の清掃と消毒をおこなっておりますのでお身体がお辛い方はお気軽にご連絡ください(*^-^*)

詳しくはまごころ鍼灸整骨院公式サイトをご覧ください!!

LINE@でもご予約が出来ますので、お友達登録お願いします♪

友だち追加

〒192-0363 東京都 八王子市別所2-1 ビア長池2F

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事