最近、目がかゆかったり、鼻水が出たり、肌がちりちり痒くなります。

花粉でも俟ってるのかな…。

どうも三ッ沢下町院です。

 

ここ1週間、鼻水をすする患者さんが多い気がします。

風邪ですかと聞くと、そうではないけど季節に変り目にはよくなる、寒暖の差が激しいと出やすいとのこと。

そこで、今回は鼻の症状の時によく使う顔のツボをお伝えします。

 

自分が良く使うツボは「印堂」、「上迎香」、「迎香」の3点。

鼻づまりのツボ

印堂(いんどう)

眉間の中央、くぼんだところにあります。

眉間にできたシワを緩めたり、眉周りの血行を改善することができます。

ここを優しく揉みほぐすと、リラックス効果があります。

 

上迎香(じょうげいこう)

小鼻の溝から指0.5本分上のくぼみのところにあります。

ここに鍼治療を行うと鼻が通りやすくなるので、鼻づまりで息苦しい時には特によく使います。

 

迎香(げいこう)

小鼻の外側でほうれい線の中にあります。

鼻周りの血行やリンパの流れが良くなるため、頬のたるみやホウレイ線にも効果があります。

 

この三点は即効性が高くて、刺激を行うとすぐ効果が現れます。

印堂と迎香は軽めの刺激で、上迎香はやや強めの刺激で圧すのがおススメです。

鼻づまりでお困りの方はぜひ一度お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事