こんにちは!!

痛風といえば中年の男性がよくなってしまう症状として、世間一般には
知られていると思います。
しかし、先日ニュースを見ていたら、最近では20~30代の若者の間で
痛風になってしまう人が多いという話をやっておりました(>_<)

ではなぜ若い人に増えてきてしまったのでしょう?
その原因は大きく分けて2つあります。

ひとつはレトルト食品やファーストフードなど栄養に偏りがみられていること。
また、かずの子や明太子などの魚卵、ビールの飲みすぎなども良くないですね。

もうひとつはストレスです。ストレスによって血管が収縮し、腎臓の機能が低下して
体内に尿酸が溜まってしまうそうです。

予防としては、休日には身体を動かすことでストレスを発散させることと、
暴飲暴食をしないということです。

これから暑くなってくるとビールを飲みに行く回数も増えてくると思いますが、
お酒を飲む際はプリン体があまり含まれていない焼酎やハイボール、プリン体が
ゼロのホッピーなどを飲むことによって痛風を回避していきましょう(^O^)

三ツ沢下町

 

ワンクリックお願いします! にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ

 

むちうち等の交通事故治療お任せください!

スポーツによる怪我やぎっくり腰、五十肩など、痛みの治療のことは「まごころ」にご相談下さい。
まごころ鍼灸整骨院の交通事故治療専用ページはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事