こんにちは!

相模原市にあるまごころ鍼灸整骨院西橋本院です。

暑い日が増えて夏がすぐそばにきていますね(^^)

まだ外出するときは気を抜けないですが、少しずつ外に出る機会も増えてきていると思います。

私の家は相模川の近くなので、最近は川沿いのお散歩が日課になっています!

今日はお散歩するときに気を付けたい歩き方についてお伝えします。

正しい姿勢で歩く

正しい歩き方には姿勢を覚える必要があります。

正しい姿勢を確認するために壁を利用してチェックしましょう。

①壁にかかと・お尻・背中・頭をつけます。

②かかとは揃えて、つま先は拳一個分程度開きます。

③腰と壁の間に手のひらが入る程度が理想です。拳が入る隙間がある方は反り腰気味です。

④肩を壁につけるときに肩甲骨を内側に寄せるように意識をして肘も壁につくように意識をします。

⑤頭を壁につけるときに目線はまっすぐにして顎を少し引きます。

どうでしょう?正しい姿勢をキープするのは意外と辛いですよね。

いきなり、この姿勢をキープし続けるのは体にも負担がかかるので、無理をせず毎日少しづつ正しい姿勢を意識をして身体に正しい姿勢を覚えさせましょう。

歩行中の正しい重心移動

正しい姿勢を覚えたら次は歩行するときの重心移動を意識しましょう!

かかと→足の外側→小指の付け根→親指の付け根→親指」

の順番に足をつくのが理想です。かかとから付いてつま先で蹴り出すイメージです。

靴の外側のすり減りが多い方は足の小指側で蹴り出すことが多く、足に疲労が溜まりやすくなっています。

歩くスピード

日常の歩行の中では深く意識する必要はありませんが、運動効果を得るなら「いつもより歩幅を大きく、スピードを上げる」のを意識して歩くとただ歩くより運動効果が得られます。

さらに運動効果を上げたい方は腕をしっかり振って歩きましょう。

腕を振ることで歩くスピードが上がり運動効果上がります。

「肘を90度曲げて軽くこぶしを握る」

これを意識して歩いてみましょう!

歩行は日常的に行っているので、中々今までの歩き方の癖が抜けない方もいます。初めのうちは歩き方がぎこちなくなってしまいますが、日常で行うことなので毎日少しずつ意識をして歩いてみましょう。

これからの季節は水分補給も忘れずにして熱中症にも気を付けましょう!

 

電話が苦手という方は…
LINEからもご予約いただけます!
https://lin.ee/47B7dvb

まずはお友達登録をしていただき、
①お名前②症状③希望日(時間帯)を書いて送るだけ!
その後、当院のスタッフが確認でき次第返信致します。

↓↓当院の詳しい場所や内容に関してはこちらをご覧ください↓↓
https://www.ekiten.jp/shop_55127769/map/

↓QRコードはこちらから↓

まごころ鍼灸整骨院 西橋本院
☎042-772-4649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事