こんにちは!まごころ鍼灸整骨院ゆりのき台院です!

今回は当院で行っているオイルマッサージについて書いていきます。

オイルマッサージは、マッサージオイルを使用して、肩~腰、ふともも~足底をほぐしていきます。強い指圧はせず、血行を促すように施術していきます。通常のマッサージに比べると揉み返しがほとんどありません。

 

オイルマッサージの効果

・オイルマッサージは、静脈やリンパの流れに沿って、皮膚や筋肉、血管やリンパ管に刺激を与えるため、滞っていた血液やリンパの流れを促します。

・慢性的な疲労感

・頭痛、背中の痛み、腰痛

・手足のむくみや冷え

・睡眠障害

・基礎代謝の低下、肌荒れ

 

リンパ

リンパ組織とは胸髄、胸腺のようにリンパ球がつくられ、増えているところ(一次リンパ組織)と、リンパ節、扁桃腺、脾臓、腸管のパイエル板など免疫反応の場となるところを指します(二次リンパ組織)。リンパ球は血液の中だけではなく、リンパ管を通じて、全身に300~600あるリンパ節や扁桃腺、脾臓、腸管のパイエル板、胸腺などを巡っています。リンパ球はリンパ液と血液中を行き来しながら、病原体や異物の侵入に備え、パトロールしています。

リンパ節は、リンパ管の節目節目に存在する、豆のような見た目をした器官です。リンパ液で内のウイルスなどをせき止めて戦う役割があります。また皮膚などから入ってきた細菌や、リンパ液内にある不要なものをろ過することで処理を行うという特徴もあります。

 

オススメのマッサージオイル

・ホホバオイル

全ての肌質に合い、赤ちゃんの肌にも使える万能なオイルです。お肌に似た成分なのでとても馴染みやすく浸透しやすく髪、顔、身体に使えます。保湿力も抜群です。また酸化安定性がすごいので普通に使用するぶんには数年の保存が可能と言われています。精製された透明のオイルの方がお肌への負担が少ないとされています。

・アルガンオイル

ホホバオイル同様全身に使用できます。ビタミンEが豊富なのでアンチエイジングに効果的です。顔のマッサージに使用することで、肌のキメを整え保湿し、ターンオーバーを正常化します。ニキビ肌にも効果的ですがマッサージのやりすぎはかえってニキビを増やしてしまう可能性があるので注意して行ってください。

・オリーブオイル

身体向きです。炎症を押さえたり筋肉を鎮静させる効果があります。オリーブオイルはマッサージ用としても食用としても多く出回っていますが、食用の物は食べるために精製されている為肌への使用には向きません。

 

マッサージオイルはお店で気軽に購入できるので、ご自宅でのセルフケアにいかがでしょうか。

 

ご予約はこちらから(^-^)

ゆりのき台院LINE↓

☎0426734649

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事